« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

今頃だけど、今年の目標

今年の目標。それは、家族全員基本的に元気で、生きていること。 これ以上なにをぞ望まんconfident

だけど・・・・もう少し細かい事も言うと・・・・・。

1 てらの心肺機能他向上の為、ベビースイミング等、私も楽しめる事を始める!

2 英語教室再開を目指して、英語をブラッシュアップ!

3 美しくなる!(とにかく動く、マクロビオティック、たくさん笑う・・・・で美しくなる????)

とにかく、生きてる事を、いーっぱい、いーっぱい、楽しむhappy02

『笑う門には福来る』を信じてhappy01

| | コメント (2)

こうちゃん絶好調!

我が家の長男、こうちゃん、このごろ少しへんよ。いい方に。気持ち悪いくらい。以前から、お手伝いは好きで、気が向くとやってくれたけど、最近は毎日、「お母さん、することなーい?」って率先してお手伝い。今日なんて、「お母さん、ぼくが、お洗濯物たたむからね。ぜーんぶおかあさんがしなきゃって思って嫌がらなくてもいいからね。ね。お母さん。。」って。どーしたのこうちゃんsign02 お母さんは、そんないい子を育てた覚えはないんだけどsign03 今日の担任の先生からのお便りにも、『最近、本当に生き生きとされていて、何事もとってもがんばっています。』って。 こうちゃん、神が宿った??何かに取り付かれた??

今が、彼の充実の時なのだろう。 とりあえず、子育てのオアシスに着いたってことで、母は、休憩していいかしらbud また近々砂漠に旅立たなきゃいけないんだろうからcoldsweats01

| | コメント (4)

生還!

一昨昨日、てらさん無事、退院しましたconfident

今回は、少し長かったし、少し危なかったし、心身ともにつかれたーwobbly げんなりsad しばらくは、おとなしーくしとこう。。。

友達は、我が家に遊びに来る時、本人や子供が少しでも風邪気味だったりすると、「てら君に移したらいけないから・・・。」と気を使ってくれる。本当にありがたい。私の方が配慮に欠けているのかもしれない。 でも、いかんせん、我が家には、にいにが二人も居るし、幼稚園にも行ってる。病原菌をいつも身にまとってるようなもの。今回のRSの感染経路は、もちろん分からないけど、にいに説は濃厚。

今回みたいな事になると、私がビビッてしまって、てらを一歩も外に出さず、誰とも接触させなければ、こんなことにはならなかったのか???なんて考えるけど、そんなのは、無理。そんなの、私もてらも、ぜーんぜん楽しくない!せっかく、広い世界に産まれてきたんだし、たくさん、楽しい事、楽しい人に出会わなきゃ! 

幸い、私もダーリンも、人ごみが嫌いなので、たくさん人が集まるところには、めったに行かない。とりあえず、今まで通り、自然に生活しよう。その中で、何かに感染したら、致し方ない!戦おう!!てらが、どんどん強くなっている事を信じて。

でも、インフルエンザ、怖いな~~。。来年にしてくれないかな~。。RSは、少し免疫がついたと信じて、来期、またかかって、更なる免疫をつけると。。。思うように簡単には行かないだろうけど、命だけは~おねげーしますだ~crying

というわけで、今年も、あちこち顔を出し、ぺちゃくちゃやります。。少しビビリながら。

| | コメント (4)

H教入信。。

反りの合わない、H先生。三十代半ばのチョーメタボチック体。医者の不養生とは彼の事。いや失礼。患者を自分の事より優先させてしまう結果かな。彼は、できる奴。H先生は、今回はてらの主治医ではないのだけれど、ついつい彼の登場を待ちわびる。彼の診断と予測は的確。またやってくれた。てらの右肺の一部は生まれつき詰まっていて、空気を取り込めない。無気肺と言うらしい。おそらくそれが原因で、常にゼロリーノだった。昨日回診にやって来て聴診器を当てたH先生。「あれ?前回入院の退院時より、むしろずっといい音がしますね。」前回の入院は、約2ヶ月半前。うっそー、覚えてないでしょー!って言いたい所だけど、彼は覚えている。それが証拠に・・・回診後撮ったレントゲンで、無気肺が少しきれいになってると主治医が報告に来た。
ヒョエー!H先生、いや、H様!あんたは凄い!入ります入ります、H教!
教祖様ぁ〜、開業しませんか?うちの近くで!?少なくとも、市民病院をやめないでー!

| | コメント (2)

てら一歳の誕生日を迎えて。。

一年前の今ごろは、涙が止まらずにいた。保育器の前に座って、一生懸命呼吸をする小さなてらを見てたかなー。
あれから一年。もう一年。まだ一年。
私たち家族は、それぞれ成長したと思う。今回を入れて、四度目の市民病院入院。NICUも入れると五度目。毎回、みんな少しずつ我慢してきた。イヤ、けっこう我慢したかな。こうちゃん&はるは、現在も我慢の真っ只中。こうちゃんが、涙を流しながら精一杯ふざけて見せるのを見ると、胸が痛む。「男の子は、突き放して育てなさい!」って言ってる横峯さくらちゃんの伯父さんの言葉を繰り返し唱える。
いったいこれから先、何度の入院が、そしてどんな試練が待ち受けているのかと思うと、どんよりしてしまう。逃げ出したい気持ちにもなる。前に進むのが怖い。めったに愚痴らないダーリンが、「何もいい事がない。。」ってぼやく。ホントに、なんで私たちが、こんなめに遭うの!ってぶつけようのない怒りが込み上げる。ぐれてやるーー!?「もし自信をなくして くじけそうになったら いいことだけ いいことだけ おもいだせ」
私たちは、まだまだ笑える。てらの可愛い笑顔をたくさん見れる。それだけで、いいかー。とりあえず。。どなたかしりませんが、お手柔らかに。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっぱり負けた。。

看護師さんが言った。「良かったねー、回復して。一時はどうなるかと思ったね。大晦日の夜は、お父さんは、寝ないで背中をさすってたよ。」
あちゃー、また負けた。メタボチックダーリンに!私は、てらの余りにも苦しそうな息づかいを聞くのが嫌でたまらなかった。一晩中、背中をさするなんて、できなかった。完敗。涙が出た。悔し涙じゃなくて、感動の涙。やっぱりてらは、お父ちゃんを選んで産まれて来たに違いない。だって前回の入院同様、お父ちゃんの休暇にピッタリ合わせて来たからね。
てらさん、完全復活まであと一歩。今日は看護師さん数人が枕元でハッピーバースデーを歌ってくれた。白衣の天使の歌声に、てらさん気を良くしたに違いない。退院間近か??

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Happy Birthday、てら!!

今日はてらの一歳の誕生日birthday 特別な日heartなんだけど、未だ入院中。。。

容態は、かなり回復して、ご飯も食べるようになった。happy01 もう大丈夫じゃないかな。

今回は、危なかった。このまま死んでしまうかもしれないと何度か思った。数ヶ月前の私だったら、それを良しとしたかもしれない。でも、今回、てらが死ぬなんて、ぜっっっったいにダメだ。ぜっっっったいにイヤだと思っている自分に驚いた。いつの間にか、ちゃんと母親になれているんだと思った。てらは、こうちゃんや、はると全く同じように、私の魂の一部になった。いなくなったら、私の魂は欠ける。

てらへ

てら、一歳のお誕生日、本当に本当におめでとうheart04 てらは、本当にいい子だし、今回もよーくがんばったね。強くなってるね。おかあさんは、てらの全てが大大大~好きだよhearthappy01 早く良くなって、家でお誕生会しようね。こうちゃんも、はるも待ってるよ。ハッピーバースデー、てらheart04heart04heart04

| | コメント (4)

病気の時はアンパンマン!

小児病棟に入院してる子どもに付き添う親で、「アンパンマン」って一度も口にしない親はいないだろう。居たら、そんな宗教に入っている人だろう?!なんてったって、アンパンマンは、子どもたちの「やさしいヒーロー」だから。
タイムリーな事に、クリスマスにサンタさんが、アンパンマンのメロディーおもちゃを、てらに持ってきてくれていた。今、枕元に常備。
「アンパンマンのマーチ」と「アンパンマンたいそう」は、二大アンパンマンソング。(?)  両方とも歌詞が素晴らしい!作詞は、アンパンマン作者の、やなせたかしさん。彼は天才の中の天才に違いない。
「もし 自信をなくして くじけそうになったら いいことだけ いいことだけ おもいだせ」
涙がでるー。
「なにがきみの しあわせ なにをしてよろこぶ わからないままおわる そんなのは いやだ!」
お母さんもいやだ!てらもいやでしょ? がんばるよ!てら!
やなせたかしさんが、アンパンマンで、どんだけ儲かってるだろう?なんて今は考えないどこー。。。

| | コメント (0)

一喜一憂

てらは今日で入院6日目。調子は上がったり下がったりで、こちらがついて行けなくなった。今日までに二回、ドクターから、人口呼吸器をつける事が必要かもと言われたが、なんとかつけずに来ている。
一喜一憂って言葉、考えた人は誰か知らないけど、なんて人間の心理を巧く現した言葉だろう。私の現在の心境にビンゴ!熱が下がって喜び、また上がってがっくり。ミルクを飲んだら喜び、飲まなくなるとがっくり。てらくん、迷走しまくって、親、混乱。今日の朝は絶不調で、午後は絶好調。もう、一喜一憂するとしんどいからやめよー!と思うけど、修行が足りないからか無理。しばらくします、一喜一憂。。

| | コメント (4)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »