« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

最近のこうちゃん

しばらく、落ち着いていたこうちゃん。が、ずーっと落ち着いているはずもなく(-_-)  母は束の間のオアシス休息を早々に切り上げ、広大な砂漠の旅を再開した(;_;)/~~~
四月に年長さんになってからというもの、超反抗的なこうちゃん。 私が何か言うと、先ず第一声は、「イヤ!」何を言っても「イヤ!!」 プラス、私が言う事の反対ばかり言う。「おいしいねえ」 『まずいねー』 「きれいねー」『汚いねー』「上手だねー」『下手だねー』( ┰_┰)  反意語の練習ですか!?
あまりにも言うことを聞かない時は、今までなら抱えて外に出していた。が、こないだ、久々にトライして気づいた。「あれー、こうちゃん、力が強くなってる。抱えられない」 力ずくは通用しなくなりつつある。言うことも、立派な理屈をこねるようになり、ごまかしが効かなくなってきた。 あの可愛いばかりのこうちゃんは、どこに行ったの?と寂しがる母をよそに、心身共、グングン成長して行くこうちゃん。と思いきや、今でも必ず、「抱っこー」と一日数回、母によじ登って来る。両極端のこうちゃんに翻弄される。
もう一つ、成長しきれてないのが、オネショ。(こうちゃん、プライバシーの侵害を許してね。) 未だ夜のオムツ取れず。心配して、こうちゃんに、きつめに訴えたり、小児科医に相談したりしたけど、あるテレビ番組を見て、考えが変わった。坂本竜馬の特集だったんだけど、なんと、竜馬さん、結構な歳までオネショをしていたらしい。しかーも、それを脳科学的に説明すると・・・排尿をコントロールするのは、前頭葉。そこが早く成長すれば、お漏らしも卒業。ところが、前頭葉は、成長が遅れた方が、急カーブを描いて発達するらしい。故に前頭葉の発達が遅かった坂本竜馬は結果的に逸材になったとな。「よし、これだ!誰が何と言おうとこれだ!」\(^o^)/  まあ、違ったにせよ、母がオネショの事をくどくど言わなくなったから良しだね、こうちゃん。
こうちゃんの夜明けは近いぜよ(^-^)/

| | コメント (4)

最近のてらさん

てらさん、一歳五カ月目前。 相変わらずのノンビリ、オットリウォンバット君。 移動手段は専らほふく前進。 お座りなんて、何のこと?   二本目の歯が、生えてきたけど、なんじゃぁ、これ?? 半分欠けてる。 不思議な不思議なダウンボーイてらさん。

最近、一丁前に自己主張を始めた。 食事の時、嫌いなものを口に入れられると、「ブー、ブーっ!」っと噴射annoy そこらじゅう、食べカスだらけになるwobbly 今まで、てらを叱るなんて考えられなかったのに、「こらぁーーー!!」って大声をあげる私。 叱りながら、てらの確実な成長を感じ、うれしくもある母。ちなみに大好物のヨーグルトは、絶対噴射しないpout

趣味は、人の髪の毛を抜けるまで引っ張る&顔を、血が出るほど引っかく。知らない人に抱っこされたら、顔を見上げて、15分がん見etc.etc.。。。

芸(?)は、今一つ増えて行かないけど、意味のある言葉をしゃべるようになってきた。(と、母が思いこんでいるだけかもしれないけど。) てらは、お腹がすいた時、「まんまぁ~~!」と叫ぶようになった。 目の前にヨーグルトなんて見せようものなら、「まんまぁ!!まんまぁぁぁぁあ!!!」と、気が狂ったように騒ぎ出す。たぶん間違いなく彼は、‘まんま’=‘おいちいが口の中に入ってくる’の式を理解していると思う。 でも、ダウン症の子にとっておしゃべりは、難題。そう簡単にペラペラしゃべりだすとは思えないけど、とりあえず、まんまには、ありつけるだろう。てら、大事な所押さえたね。おりこうちゃんconfident

こないだ、ふと思った。「てらは、神様から私への贈り物かもshine」って。 『高齢ヘナチョコ母だから、手のかからない、のんびり君を派遣するよshine』って。 だって、あり得ないくらい、穏やかで、こうちゃんや、はるの時に思った「もーーー!!いい加減にしてーーーーー!!!」ってのが、皆無。 まぁ、今からボチボチ始まるのかもしれないけどcoldsweats01 とりあえず、今現在、お母ちゃん、助かっています。  

周りの人たちも、てらに優しい。家族はもちろん、私の友達も、ご近所さんも、みーんな、てらを、とても可愛がってくれる。 たぶん、気を使ってたり、気を使わないように気を使ってたりだと思うけど、それもひっくるめて、とても有難い。お陰で、私は、てらを一人で育ててる気がしない。

てらは、本当によく笑う。ニッコリ、ケラケラheart02 きっと彼は今幸せなんだと思うconfident

| | コメント (4)

お宝!?

ダーリンの母親は、本当に本当に物を大事に使う人。例えば、30年前に買った魚焼き器も、ピッカピカで今も使っている。最近になってエコエコって騒ぎ始めた私なんかとは比べ物にならない年季の入ったエコ名人。
そんな義母が普段使いしているお皿に興味深いものを発見! 直径20センチくらいの皿。(写真取るの忘れた!) 見た感じは、間違いなく昭和なんだけど、‘少し西洋を真似してROYAL BLUEにしてみたしたぁ。でも日本の城を描いてみましたぁ。’って感じの皿。その皿を洗ってる時、裏の、これまたROYAL BLUEの印字に目が止まる。 『MADE IN OCCUPIED JAPAN』!‘占領下’の日本製sign02  第二次世界大戦直後に作られたって事!? でもわざわざ‘占領下の’ってつける必要があったの!? 皿に!?
なんだか、日本の、意外に複雑な歴史を再認識した。‘私の国は他国に占拠されてたんだー。戦争に負けたんだー。’って、皿に再認識させられようとは。

んで、思った。 これって、骨董品??? 一枚一万円とかしない?? 5枚くらいあるから五万円? OCCUPIED JAPAN 製は、どの程度珍しいの? 出張鑑定団が来たら、出してみるべき? 「200円!!あらぁ 残念!」って言われるのが目に浮かばないでもない。てか、出場権すら与えられない?? 世にも珍しく希少価値の高い骨董品の数々が私のような無知な人間に葬られて来たのだろう。 かな?catface

| | コメント (5)

異常なし?と言っておこう

てらさんの検査は、結局5時半までかかり、お兄たちのお迎えには、完全遅刻。詳しい結果の説明は次回受けるということで、検査室の前で、立ったまま早口で、検査結果ブリーフを聞く。 

H先生: 心臓は、前回、僕は何て言いましたっけ? 

私: 心房中核欠損症です。

先生: あー、では、変わりありません。

私: 穴の大きさはどのくらいですか? 前回は、2ミリくらいと言われましたが。

先生: それも同じくらいです。

私: 肺のCTは、どうでしたか?

先生: 前回より良くなっています。

私: 聴力は?

先生: 軽い難聴ですね。40デシベルまで聴こえているようです。

私: 40なら、前回と同じですね。 先生、今、急急に心配する必要がありますか?

先生: いいえ、全くありません。

最後の言葉を聞いて、幼稚園へダッシュ! 

H先生も、検査室前では、前回のデータとの比較もできず、説明は最低限だったけど、まぁ、前回と同じ、肺に関しては快復傾向って事で、‘万歳’とまでは、いかないけど、順調ってとこかな。ダウン症には、合併症はつきもの。今すぐ命を脅かすようなものでなければ、共存あるのみ。てらは、難聴も心臓や肺の異常も特に意に介しない様子で、いつものんびりハッピー君。7月あたりに、行方不明のたまたまちゃん捜索手術をしなければいけないけど、まぁ、そういうこともあるさ、人生。 

さて、にいにたち。 はるは、泣いているかもしれないと思ったけど、意外に超ご機嫌。 先生たちを二人占めにできて、楽しかったみたい。 まぁ、遅刻といっても5分程で済んだし。 はるの担任の先生が、ホントに優しく、ほんのりした人で、‘お迎えが遅れるかも’と電話した時も、「お母さん、大丈夫ですよ~。私のそばに置いて見ておきますから~。」って本当に涙がちょちょぎれるような事を言ってくれる、かわいいお姉さん。そりゃあ、アラ4お母ちゃんといるよりも、あら20のかわゆい先生といる方が楽しかろう。 いや、ひがんでる場合じゃなくて、先生、本当にありがとうございました。

てらさん、強制睡眠から覚めたのは、これまた、はる兄の強制目覚ましによるものだった。3時にカクッと眠ってから6時過ぎまで、3時間強の強制睡眠。  予想通り、夜は、覚醒状態。 普段になく、ぐずって、ぐずって、ぐずって、ぐずって、疲れた母は、ギブアップして寝た後、お父ちゃんに抱っこされて眠ったらしい。 一日たった今日も、まだ、変なてら。 薬って怖いよ~。 あんまり、頻繁に検査したり薬を飲ませたりってするのは避けたいところなんだけど、命を脅かす合併症を早期発見するためには定期的な検査は必要。 特にH先生はきっちりしているからなぁ。 もうすこしいい加減な医者はいないかなぁ。。なんて思ったりもして。なかなかスタンスが定まらない、迷えるてら母。

てらさん、検査お疲れ様でした。結果は、上上ってことにしておこうねhappy01

| | コメント (3)

てらさん、眠らせられる

今日は、てらの検査日。肺のCT、脳波を測って聴力検査(?よく仕組みはわからないが・・・)、そして心臓のエコー、と盛りだくさん。

問題は検査前に眠らせないといけないこと。もちろん、本人が「はい分かりました。」と寝るわけもなく、眠り薬を使う。これがくせもの。すんなり行けば、30分くらいで効くらしい。確かに前回の検査の時は、まだ小さかったし、案外すぐ眠った。 今回、嫌な予感はしてたけど、シロップ薬を暴れながらなんとか飲み終えたてらさん、どんどんテンションを上げる。看護師さんに言われるままに散歩に出てみるが、まるで、麻薬中毒患者の如く、目はランラン、テンション高く、いつも穏やかなてらさんが、「あなたは、一体だあれ?」って感じになってきた。一時間以上経過し、看護師さん、シロップのお代わりをあげる事を決断。てらさん、必死にもがくも、容赦なく口の中にシロップを注入される。さて、眠るか?! なんのなんの、更にテンションをあげ、叫び始める。だから薬は子供に与えたくないんだって。薬で気持ちよくなんて眠れない。てらの自然な機能を狂わせながら無理やり眠らせようとしている。具合が悪い時以外は、寝グズリなんてしない、てらさん、体をのけ反らせて暴れた末、薬に屈した。それも突然ガクッと眠りに落ちる。おいおい大丈夫かい、この薬(-_-)
さて、現在聴力検査中。一時間もかかるとか。その後、敏腕H先生の心臓エコー。噂によると、H先生、どんな小さな異常でも見つけてしまうらしい。お願い、何にも見つけないで!
さてさて、一体何時に帰れるのやら。てか、こうちゃんとはるは、今日幼稚園の延長保育をお願いしてるんだけど、6時のお迎えに間に合うの!?さて、てら、はる、こうの運命やいかに??!!

| | コメント (3)

あー、ヘナチョコですとも

ダーリンが提案するままに、3333段の石段に来てしまった。私には絶対無理だって!子供の頃から、ただ歩くとか走るとかにはモチベーションを見いだせず、骨折り損のくたびれ儲けにしか行き着いたことがないんだから。 車中で宣言した。「目標二百段!」
さて、登り初めて、五十段ほどで、早くも後悔。こんなの絶対無理! ダーリン&背負子でなぜか爆笑してるてら&こうちゃんは、早くも姿が見えない。はるもピョンピョン登って行くが、ヘナチョコ母ちゃんを気遣って、「お母ちゃんガンバレー!」って待っててくれる。数十段毎に休憩して、自分を騙しながら、目標の二百段、クリア(^-^)
さあどうする、目標はクリアしたけど、そんなヘナチョコで、本当にいいのか私?! プライドだけは、人一倍ある。はるに励まされながら上に向かう。上から降りてくる人たちが、仙人に見える。数人に、「一番上まで行ったんですか?」って聞いてみる。「はい」と答える人が輝いて見えて妬ましい。あなたたちは、頭おかしいって!なんの為にそんなことするの?!
五百段を越えた頃か、腹が立って来た。一体私は何をしてるんだ、自分の意思に反して、何で嫌いな事やってんだ!?知らず知らずのうちに、「チキショー、チキショー」って言いながら登ってる自分に気付く。これはいけない。レジャーをネガティブな気持ちでやっちゃあいけない。もうやーめよ! キリのいいところで、八百段ちょうどで、The End。
さあ、降りるのは楽勝!と思いきや、なんじゃこりゃー! 足が言うことを聞かない! 登りより無口になり、さっきあれだけ気遣ってくれたはるを、ほったらかして黙々と降りる。リズムを壊したら、もう足は動かなくなる。八百段しか登ってないのにレスキュー隊のお世話になったりしたら末代までの恥。
人間の体力ってメンタルに大きく左右される。ゴールが見えたら急に元気になって足取りも軽やか。笑顔でゴール(^^)/
しかし、心は、なんだか曇り模様。八百段も階段を登ったんだよ!そんなこと日常しないよ!目標の四倍も行ったじゃん!がんばったじゃん!でも、なんでこんな、世界一ズルイ、ヘナチョコ敗者みたいな気持ちになってるの!?
ダーリンが言う。「まぁ、根性無しって事だね。」 全く腹が立たない。だって、おっしゃるとーーりだもの。
さて、もう二度と行かないか?次は千段までがんばるか?私の生き方が見えるところだ。そんな大袈裟な話か??(-_-)                                       

                                             あー、ヘナチョコですとも

| | コメント (3)

珍獣てらごん

我が家のダウンボーイてらさんは、もうすぐ一歳四ヶ月(^-^)b お座り完成度20%。ほふく前進様移動完成度98%(^^ゞ イタズラ度100%!
さて、てらさん、珍獣疑惑浮上。どうも動きがオオサンショウウオ。ともだちのMりん曰く、ウーパールーパー。 (Mりん、気を使わない発言があなたとの距離感をぐっと縮めるわ(o^-'))
爬虫類か? と思いきや、もう一人気を使わないバディの意見は哺乳類、ウォンバット! このバディは、友達のふみふみの夫、ラクダ君。色黒でパッチリおめめのマツゲどっかーんな薩摩男は、ラクダさんにそっくり(^o^)んで、私が名付けてあげた。そう、一番気を使ってないのは私f(^^;  ラクダ君、同じ哺乳類だから鋭い所を突いて来た。確かに似てる。オーストラリアの有袋類、ウォンバット君。上がり目に鋭い爪、だけど、のんびりゆったり大陸気質。うーんそっくり。 もともと珍獣フェチではない私。でも只今、珍獣てらごんに夢中(^-^ ぶっちゅぶっちゅペロペロとお顔をなめまわす毎日(^3^) てらごんは、にいにたちと違って、ずーっと、ぶっちゅんさせてくれるかな? 甘い?(..)

| | コメント (2)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »