« 最近のはる | トップページ | Happy Birthday, はる!! »

あぁ、持病

あんまり、人に話した事はないけど、私には、もう20年以上も付き合っている持病がある。当時は、‘自律神経失調症’と病名をつけられた。 これが、やっかい。 発作が起きるから。 今で言う‘パニック発作’に似ている。妊娠出産を機に、ずいぶん改善傾向にあったんだけど、時折顔を出し、なかなか決別できない持病さん。 二週間前の土曜日、家族で阿蘇に行ったときに、不幸にも激しい発作にみまわれた。 もう、いてもたっても居られない状態になったので、救急車を呼んだ。 近くの病院に運ばれ、点滴&注射で、なんとか治まる。先生に、「すみません、こんな事で、救急車なんて呼んではいけないんですけど・・」って言ったら、「いや、いや、その方が早く処置を受けられるからいいですよ。」って。症状が落ち着いてから気付いたけど、その病院、その先生を始め、看護師さん、受付の人、薬剤師さん、みんな、優しく丁寧な人たちばかりだった。 具合が悪い時は、特に人の優しさが身に染みる。 

さて、私の持病、始まったのは、私がアメリカ留学を終えた直後。 大きな理由は二つあると思う。 一つは、アメリカで付き合っていた人との悲しい別れ。 もう一つは、‘成績が悪いと、日本に強制送還’というプレッシャーからの解放。もう一つプチ理由として、逆カルチャーショック。2年の留学の後、私は、人の目を気にしないで生きられるアメリカ社会が快適になっていた。そこで、ポンと日本に帰ってみると、まぁ、謙遜だ、遠慮だ、建前だ、控えめだを求められ戸惑う。ていうか、ていうか、最大かつ決定的な理由は、きっと、私の、見かけによらない繊細さ、いや、弱っちさにあるんだなぁ。。。絶対にそう見えないんだけど、小さな事でも、ウジウジと悩んで、眠れなくなるタイプ。。。アメリカに行っていようがいまいが、いつかは、発病する運命だったようにも思う。

まず、症状として、ご飯を全く食べられなくなった。当時の日本では、今で言う、‘精神病以外の心の病’という観念はまだまだマイナーで、内科的検査で、何も異常がないから、大丈夫、大丈夫という診断を受け続けた。 今思えば、あの早い段階で、心と体を休ませていれば、今こんなに苦しむ事はなかっただろうと思う。 親も、「お医者さんが何でもないって言うんだからがんばれ」と言って、取り合ってくれなかった。

実際、全く大丈夫ではなく、動悸、吐き気、息苦しさ、と次々に新しい症状が現れた。 特に、人混みに居る時、電車の中で、必ず具合が悪くなった。そんな中、就職活動をしたけど、上手く行くはずがなく、結局、安易に韓国での日本語講師職に飛びつき、韓国へ逃げる。韓国で、症状は益々悪化し、一年で帰国。 発病から二年ほど経って、やっと‘自律神経失調症’という病名をもらい、安定剤を処方される。それからというもの、三六歳で、子どもを妊娠するまで、一日たりとも薬を飲まずにいられる日はなかった。

仕事は、安易に飛びついた結果の講師職が、意外に天職であることに気づき、日本に帰ってからは、英語講師を、最初の妊娠のつわりのひどさで辞めるまで、やりがいを持って続けられた。 でも、その間もずっと、時折襲う発作におびえながら、薬で抑えながらの生活で、いつも影を背負っていた。

こうちゃんを妊娠出産したことで、薬を一時期辞めることができた。そういう意味でもこうちゃんは、本当に私にとって、神様からの贈り物。やっと薬と決別できた。 しばらくの間。 こうちゃん出産後、ちらほら症状が出た。 はる出産後は、かなり激しく出て再び薬を処方してもらい、しばらく飲んだ。そして、今回、てら出産後。 先日病院に行ってまたまた安定剤を処方してもらったが、できる事ならば、また以前のように薬がなければ生活できない状態にもどりたくない。でも、けっこうひどい症状がでている今をやり過ごすためには、薬を飲まなきゃ。 あ~、ジレンマ。どうすりゃいいのかね~。持病とは上手く付き合っていくのがいいって良く言うけど、できれば、永遠に決別したい。元気なお母さんでいたい。せめて子どもたちが一人立ちするまでは。

出産後に症状が強く現れるのは、やはり、ホルモンバランスが関係しているのかなぁ。更年期障害が始まってもおかしくない年齢ではあるけど、それは、もうちょっと待っておくれよ。

じっくり時間をかけて、情報を集めて、勉強して、病気改善に効きそうな事を色々やってみようかなぁ。 とにかく、今は、できるだけゆったりと時間を過ごして、落ち着くのを待とっと。

|

« 最近のはる | トップページ | Happy Birthday, はる!! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

症状が形にならない病気って理解してもらえないつらさがあるよね・・・
私の偏頭痛だって、昔は『子どもに偏頭痛なんてあるわけない』って言われたもん。
むっちゃんほどひどくはないにしても、結構大変だったんだけどな・・・
私のことはまた別の機会に大作をしあげます(笑)

お互い『今は薬を飲むべき時なんだ』って諦めようよ。
そしていつかそれがいらなくなるように、方法を考えよう。
私も何か良い情報がないか、アンテナ張っとくから♪
今まで20年かかったのだから、長い目で見て行こう。

そうそう、こうやって文章にするのも良いみたいだよ。
自分の状況を文章にして表現するのは良いって何かで読んだ。


私は、子育てが一段落したら、ヨガの勉強でもして、精神を鍛えるっていうか自由にしてあげたいな・・・って思っているよ。
ますますインドになちゃう?happy02
インドいっちゃおうかな~bleah

他にも興味があることはたくさんある。
仕事やめて、どっぷりつかりたいw

むっちゃんと共に、みかけによらず繊細でよわっちいみかりんよりw

投稿: みかりん | 2010年6月10日 (木) 10時04分

みかりんと私、最初から思ったけど、似てるところがあるんだよねぇ~smileありがとう、励まされたよhappy01 私も一緒にインドに行くよscissors

投稿: むっちゃん | 2010年6月13日 (日) 15時02分

 何度か、「自律神経が・・・」って聞いてはいたけど、そんなに大変な思いをしていたとは・・・
 三人の子育てもしながら、ホントに頑張ってたんだね。
 日々忙しいほどに、焦ったりイライラしたりして自分を追い詰めてしまいそうだけど、気長に、焦らないで、ゆっくりほぐれていくといいな・・・shine

 できれば、病院や薬のお世話にならずにいたいけど、やっぱりいざという時助けてもらえることがありがたいし、うちも大いにお世話になってるcatface

 きっと、良くなっていくよwinkゆっくり、いこうねclover

投稿: ふみふみ | 2010年6月14日 (月) 15時48分

ふみふみも、本当に心のこもったメッセージ、ありがとうcrying そうだね、しばらくは、薬に頼って、ぼちぼち行くよpaper ながーい人生にしたいからねconfident 感謝感謝ですheart02

投稿: むっちゃん | 2010年6月14日 (月) 19時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最近のはる | トップページ | Happy Birthday, はる!! »