« お帰り、結婚指輪 | トップページ | セーーーーーフ »

感動の運動会・・・のはずだった。。。。

先週の日曜日は、こうちゃんとはるの幼稚園の運動会。 こうちゃんにとっては、就学前最後の運動会。 年長さんは、競技も、見せ場もたくさんあり、とにかく感動の涙無しでは見られないと聞いていたし、そんな話を聞くだけでも、涙ぐんでしまう私だった。こりゃー、大きめのハンカチを持って行かなきゃ!

運動会前々日から咳をしていた、こうちゃん。 前日夜、熱が7度7分まであがるcoldsweats02 彼は、いつもそう。 大きな行事がある時熱を出す。 しかし、なぜか、当日の朝にはきちんと下がる。今回も同様。 オッケー、こうちゃん! 最後の運動会、楽しむよhappy01 じい&ばあも、来てくれているし、がんばるぞーーー!

開会式。 こうちゃん、熱がぶり返したかと思うほどのダラダラ行動。 あ~、なんか嫌な予感。 ダーリンが来て言うに、開会式前、鉄棒で遊んでて、落ちて手首をひねったらしく、そこからブルーが始まったとか。

開会式終わっての、徒競争。 こうちゃんが、どの程度走れるのか想像もつかなかったけど、結構いいフォーム。 俊敏なサッカー小僧君に、タッチの差で敗れたものの、堂々の二位run いいぞ、こうちゃん、かっこいい!!  はるさん、全く危なげなく、一等賞。 はるは、招待徒競争の時から、三年連続一等賞。 やるじゃん、はるheart01 

その後、踊り、親子ダンスと、次々競技が行われる中、こうちゃん、益々、ふてくされ顔で、全くやる気なし。 なんなんだそれは!! お昼休みに、おでこを触ってみるが、熱は無い。友達とは、元気に遊ぶ。 なんなんだ、なんなんだ、一体なんなんだ~~?!私の中で、疑問と怒りが増幅して行く。

午後は、いよいよ、年長組の見せ場のオンパレード。 まずは、涙無しでは見られないという、組み体操。 相変わらず、仏頂面のダラダラ君。組み体操は、読んで字のごとく、人と組んでする体操。 二人組、三人組・・・と増えていくのだが、こうちゃんと組む子は、こうちゃんのダラダラに引きずられ、総崩れ。 何一つまともな形ができあがらない。 おまけに、隣にきちんと並んでいるJくんを、何度も手で押しのけようとする。まじめで、我慢強いJくんは、必死でこらえる。こうちゃん、何のつもり? なんで、J君にあたっているの??? 真正面で、カメラを構えていた私は、思わず、「こうちゃん!!」と叫ぶ。 こうちゃん、全く態度を変えない。 涙? 出るはずがない。 湧いて出てくるのは、疑問と怒り。 なんで??? 個人競技は、まだ良しとしよう。 団体競技で人に迷惑かけたら、絶対だめでしょう!! 

残るは、二つのリレー。 リレー。 そう、まじめにやらなかったら、チーム全体に迷惑をかける。 いやーな予感。 まずは、技巧走リレー。 どんなダラダラ走りを見せるのかと思いきや、人が変ったように、俊敏に! ここで、母気付く。 彼は、走る系が、大好きなんだ。それなら、それで、いい。 やっと、一生懸命なこうちゃんが見れた!と喜んだその瞬間、バトンタッチ目前の跳び箱を飛び損ない、また、手首をひねったらしい。 止まって、大声で泣き出す。 おい、おい、おい。。。。。。チームは、もちろん負け。

さあ、フィナーレは、ただひたすら走るリレー。 入場門で喝を入れる。「走るのに、手が痛いのは関係ないからね。こうちゃんが、一生懸命やってるところを、お母さんに見せて!!」 反応は薄い。 いやーーーーな予感。

こうちゃんは、アンカーの前。みんな、一生懸命走ってる。 周りのお母さんたち、いつも出さないような声で我が子を応援。 ん~~~、感動的。 さて、我が子の番。 「がんばれ!こうちゃん!!!!、最後の最後、がんばれ!!!!!!」 こうちゃん、最高の足運びで、結構差をあけられていた前のチームの走者にグングン近づく。 うおーーー! やるじゃん、かっこいいじゃん! もう少し、もう少し! 「あきらめるな、こうちゃん!!!」 追い抜く!と思った瞬間、これまた、アンカーにバトンタッチ直前のコーナー。 ドッテーーーーン! 派手に転ぶcatface  ビデオ撮影をしていた母、よろめく。 周りのお母さんたちも一緒によろめく。 ね、こうなるんだよ。   こうちゃん、再び、大泣きを始める。先生や、救護のお母さんが近寄ってくれる。 いやいや、こうちゃん、君はまだ、タスキ(バトン代わり)を次につないでない。母、鼻血をダラーリと流している、砂埃まみれの息子に叫ぶ。「こうちゃん、タスキをMちゃんに持って行きなさーーーーーーい!!!!」 私は、どうやら、その他の罵声も浴びせかけたようだが、余り覚えていない。 あるお母さんは、「ふざけんなーーー!って言ってたよ。」って後で、教えてくれたけど、それは言ってないと思うんだけどなぁ。。。。??

近くのお母さんたちが次々に私に寄って来て、「まぁ、まぁ、怪我してるんだから、行ってやりなよ~。」と促す。 私は、きっと鬼の形相で立ちすくんでいたんだろう。 このままじゃあ、鬼ばばあのレッテルを貼られる!と、我に返って、気は乗らなかったけど、こうちゃんの近くに歩み寄る。 きっと、母の姿が目に入るや否や、抱きついて泣きじゃくるだろうと予想していた。 ところがところが。 彼は、救護のお母さんに、きっぱり列に戻ると言い放って、仲間の所に戻った。 それを見た周りのお母さんたちは、「こうちゃん、えらいじゃーーん。」 こうちゃんの評価が低いのは母ばかりか。

閉会式が終わっても釈然としない。 「朝から、ダラダラで、気合いが入ってないから、何度もこけるんだ。。。」 身内にはお世辞は言えない。 思っても無いのに「がんばったね。」とは言えない。

ダーリンは、こうちゃんは彼なりに頑張ったと思ったらしく、褒めていたのが、こうちゃんの救いだっただろう。 それに、周りのお母さんたちが、「こうちゃん、がんばったね。 怪我は、だいじょうぶ?」って次々に声をかけてくれた。 優しいクラスメートたちも、「こうちゃん、大丈夫?」って心配してくれたのも感動的だった。 でも、私は、なんとなく分かった。 こうちゃんは、私からの「がんばったね。」を待っていた。

家に帰り、少しづつ冷静さを取り戻した。 今日の私の気持ちと行動は、私のエゴでしかないのかもしれないと思った。こうちゃんに、感動を与えてくれる事を勝手に期待し、押しつけていたのかもしれない。こうちゃんは、体調も、心の調子も崩していたのかもしれない。 お友達を押したり、人に迷惑をかける行為に対しては、要指導だったとしても。。。。   先生が帰り際に言った。「こうちゃんは、練習の時は、本当にきちんとしてるんです。 あれは、彼なりの緊張の表現だと思うんです。どうか、たくさん褒めてあげてください。」 確信は持てないけど、そうかもしれない。 子どもに、自分の理想を押し付けるのは、絶対にしないと誓って子育てをしているつもりだったけど、余りにも早い挫折に自己嫌悪。 友達にも言われるけど、私は、こうちゃんに対しての思い入れが異常。 それが露見した運動会だった。 とは言え、 数日経った今でも、運動会の日の事を、手放しには褒められないでいる。  この複雑な気持ち、そう簡単に片づけられない。

さて、適度な思い入れをしてる、はるさん、本当に無難に、全競技をこなした。だから、余り強烈な印象はないcoldsweats01 そういうもんだよ、真ん中君の人生はsign02 でも、はるには、心から言えた。 「はる、がんばったよ!!えらかったね!」 そして、応援席で、おりこうさんに、じいばあと一日過ごしたてらも、「本当にがんばった!」 こうちゃん、君への‘全面頑張った宣言’は、もうしばらく考える猶予をください。。。。。なにせ母は、子育て発展途上なので。。。

|

« お帰り、結婚指輪 | トップページ | セーーーーーフ »

子育て」カテゴリの記事

コメント

直接「運動会楽しかった?」なんてこうちゃんに聞いてしまった私はちょいと反省してたんだけどね・・・^^;

私もどちらかというとわが子の評価低いほうだと思う。
だから、たぶんこうちゃんの行動をわが子がとれば、むっちゃんと同じ対応を私もすると思う。

まだカズはちびでこうちゃんほど知恵も実力も無いから本人には素直にがんばったねっていえるんだけど、年長さんになったときどうだろう・・・自信はない。

周りのお母さんや先生が言うようにこうちゃんはきっとがんばったんだと思う。
でもむっちゃんの気持ちもわかるな・・・だから難しい;;

ハルさんぐらいの『適度な思い入れ』が一番うまくいくのかもしれないねcoldsweats01

投稿: みかりん | 2010年10月23日 (土) 08時40分

みかりん、私の気持ち判ってくれてありがとう。おにばば仲間?!(^^ゞ

投稿: むっちゃん | 2010年10月28日 (木) 15時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お帰り、結婚指輪 | トップページ | セーーーーーフ »