« セーーーーーフ | トップページ | 矛盾 »

Welcome!

友達の弟夫婦に、ダウン症の子どもが産まれたらしい。 友達が私に報告に来た。赤ん坊は、今のところ、大きな合併症は、見つかって無いということ。 それじゃぁ、私が言えるのは・・・「おめでとうhappy01heart01」だね。 お母さんは、今風の(?)若いお母さんで、あっけらかんとしているらしい。 電話では、落ち込んでいる風でもなかったと友達は言う。 実際、落ち込んでないんだったら、すごいなぁ。。。。若くても、しっかりしているお母さん、いるもんなぁ。。。

余計なお世話かもしれないけど、私は、友達に、弟さん夫婦へのメッセージを託した。「ダウン症の子は、可愛さが半端じゃないよheart01 穏やかで、手がかからないし。。。 何よりも、何よりも、本人が、とっっても幸せそうでいいよheart04 ダウン症の子が産まれた事は、全く悲しむ事ではないよhappy01」 

ダウン症の子(大人も)、合併症を発症する可能性は常にある。でも、病気は、いつ誰を襲ってくるかなんて分からないから、起こった時心配すれば良し。 そんな心配ばかりして、彼らの、愛くるしさを感じられないのは、不幸。 てらが、生まれた時の写真を見ると、心がキューっとなるくらいの可愛さぶり。ちっちゃくて、目がグレーで!! 数か月後には、もっちゃもちゃになって、目がくるくるで、笑うようになって。。。 私が、感情の大波にもまれて、浮いたり沈んだりしていた数ヶ月間。 てらを複雑な気持ちで見つめた数ヶ月間。彼は、今となんら変わりない、てらだったはず。 あの、試練の時は、私にとって、必要な時間であったとは思う。 でも、もし、もう一度、あの時に神様が戻してくれるなら、私は、てらを抱きしめて、こう言う。

「我が家へようこそheart01happy01heart01 私たちを選ぶなんて、あなたは、さすが、お目が高いhappy02 これから、いっぱいいっぱい、一緒に楽しい事しようぜ~いhappy02」って。

てらが、産まれて、1年と10か月が経とうとしている。 確かに、辛い、苦しい、何でこんな目にあうの?って思った時期があった。 今思えば、それは、私自信が作り出した不幸。 視点と発想を変えれば、きっと幸せを感じられていたはず。 だって、てらは、かわいいheart01 彼は、産まれた時から何も変わっていない。一生懸命、授かった命を生きている。それも、ハッピーに生きている(母の想像でしかないけどcoldsweats01) てらは、すごい。 たったの2年弱で、母の人生観をガラリと変えた。40年、誰も教えてくれなかった事を、たくさん学ばせてくれた。小さな事でも、感動できる事を教えてくれた。 私は、これからのてらとの人生が楽しみでしょうがないconfident 

だから、あちこちで、産まれてきてるダウンちゃんたち、Welcome! よくぞ、難関を突破して産まれてきました! おめでとうnotes 君に幸あれ~~heart04

|

« セーーーーーフ | トップページ | 矛盾 »

ダウン症」カテゴリの記事

コメント

そうだね。
テラはカワイイ。
他人の私からみてもそうなんだから、親はまた格別なんだろう♪

今までの色々は全てにおいてなくてはならないことだっただろうし、
これからも楽しいことから困難なことまで、色々あるんだろう。

でも、むっちゃんがこういう気持ちでいられるようになったってのがいいね。
ホント、テラのおかげだbleah

投稿: みかりん | 2010年11月 1日 (月) 10時11分

みかりん、ありがとーhappy01

投稿: むっちゃん | 2010年11月 3日 (水) 10時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« セーーーーーフ | トップページ | 矛盾 »