« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

お母ちゃん吠える

お母ちゃん、インフル(多分)感染二日目。 一日目同様、こうちゃんとはるの弁当を作るために、きつい体に鞭打って起きる。 

こうちゃんとはるも起きて来て、なんやかんやと言い出す。 「ズボンがない。」とはる。 「お父ちゃんに聞いて!」 朝、起きては来てたけど、頭が痛いと言って再び寝床に戻ったダーリン。 寝床から、「玄関に置いた。」と答える。 お母ちゃん、再びブチ切れポイントに達し吠える。「家族が具合が悪い時も、私がして、私が具合が悪い時も自分でしなきゃいけないんだから!! 結局女は男の奴隷なのよ!!!」  ダーリン、すごすごと起きて来る。 「何をすればいいの?」  「幼稚園の準備を手伝ってよ!!!!」

昨夜、ひどい頭痛を抱えて、食後の片づけをし、今日の分の米を仕込んだ。インフル感染一日目だよ。。。。ダーリンは、全般的に家事に関して協力的だと思う。 でも、キッチンの事とお片づけは、まるでダメ。 一人暮らしは長かったけど、毎日コンビニ弁当を食べてたみたいで、キッチンは料理をしてる形跡ゼロだった。ダーリンは農家の長男、おまけにお義母さんは、完璧なお掃除職人。 自分でやる必要が一切なかったのだろう。 

ぜいたくを言っちゃいけないと分かっているけど、幼稚園のママ友が病気の時、パパが子どもの弁当を作ったって言ってたのを思い出して、「なんなのよ~~~!!」って思いが爆発dash 昨日読んだ本に、『人と比べるのが不幸の始まりだ』って書いてあって、そうだ、そうだって思ったばかりなのに。 ほら、朝から不幸が始まった。 母の不満は爆発し、こうちゃんとはるにも当たり散らかし・・・・こうちゃんは泣きべそをかいて幼稚園に行った。

病気は、周りの気も病気にしてしまう。 

救世主は、またまたてら。 お母ちゃんを見てニッコリ笑う。 何度も何度も。 「Be Happyheart02」って。 お母ちゃんも,つられてニッコリ。 てらが元気になって良かった。 こうちゃんとはるが元気になって良かった。 お父ちゃんがいてくれて良かったhappy01

| | コメント (6)

五分の五!

全滅です( ̄▽ ̄;) 疫病に完敗の廣岡家です(/--)/ 一昨日ダーリン、昨日私と見事に感染リレーが完成。只今アンカーとして、インフルと闘い中の私。 私とはるは、検査で+は出してないけど、この体のどうしようもなさは、紛れもなくインフルの仕業(*_*)

それにしても子どもたち三人の症状がそれぞれだったこと。こうちゃんは回復と見せかけてぶり返し?母は慌てた。結局小児科は受診せず自力で治したこうちゃん。でもダメージが大きかったのか、一週間以上たった今もまだ目付きが変だし疲れやすいよう。
てらが、いちばん軽かったのには、良い意味で肩透かしをくらった。家族で唯一予防接種を受けてたてら。それが関係あるのかないのか未知数。でも来年もてらは注射コースで行こう。
はるは、頑として+を出さなかったけど、まあ、間違いない。八度台の熱を2日出したが、チョー元気。三日目に九度台を出して、多少ぐったりしたが敵をやっつけた。いつも喘息気味だから心配したけど、クリアー。
私が子どもの頃ってインフルの検査も特効薬ももちろんなかった。かかったら一週間くらいかけて闘って治すしかなかったと思う。
今回、抵抗と不安を感じながらも家族全員、特効薬にどっぷりお世話になっている。私はタミフルを飲んでるが、本当に魔法のような薬。朝飲んだら、夕方には熱が下がった。怖い。自己免疫だけでウィルスをやっつけるのが理想だけど、長引かせる訳にはいかない。子どもたちは、病気のお母ちゃんにも容赦ない。お腹すいただなんだかんだと、うるさい。てらも、ここに来てゼロゼロが出てきてチョー不機嫌。お母ちゃんの枕元でずっと泣く。
ダーリンは、結局丸々一週間、会社を休むことになり、私は助かったが、首になるかもしれないって言ってる。 ダーリンは、治りかけで無理して頑張ってくれてるが、なんか、腹が立つ! 私の枕元でぐずるてらになすすべもなく。夕食に冷凍うどんの買い物を頼めば、違うものを買ってくる。まあ、いつもこんな感じだけど、今日はぶちきれてしまったお母ちゃん。なんで冷凍うどん一つ買って来れないのよー!今から私が買いに行くわよっ!て。理不尽だと分かっているけど、体はきつい、チビはうるさい、思うようにならないのに、もううんざり。ダーリンもうんざりだと思うけど。。。
ダーリンが買って来てダイニングテーブルに飾ったチューリップ。「まあまあ、春はすぐそこだよ(^-^)」ってなだめているよう。
アンカー、もうすぐゴールしてみせます\(^_^)/

| | コメント (2)

五分の2.5??

1月23日(日)

ついに、やってきたインフルエンザbomb 我が家にもbombbomb  先週木曜日、幼稚園から帰ったこうちゃんの「こうちゃん、なんか具合が悪い。。」から、あっさり始まった。 こうちゃん、金曜日の朝、近所の病院で、人生初のインフル確定。 即、その場で、一回服用で、2~3日効くという‘イナビル’?服用。 その日、一日中、非常に辛そうなこうちゃん。 眠れない様子で、15分~30分置きに、「痛い~。 きつい~。」と訴える。 我が家には感染症爆弾、てらがいる。 隔離隔離。 と言っても、こうちゃんを一人で二階に置くわけにもいかず、居るわけもなく。結局ふすま一枚隔てた隔離?! こうちゃんは、「これ、重症化??」と心配する母をよそに、翌朝には、ほぼ復活! 予防接種もしてなかったけど、強い、こうちゃん。 復活したのは、喜ばしいが、元気になったこうちゃんは、ふすま一枚の隔たりを我慢できず、弟たちと交わり放題。 そして、奇跡は起こらず、今朝(日曜日)二時、てらのあやしい息遣いに、嫌な予感。 寝付く前は、ケラケラとご機嫌だった、てらさん、高熱! 来た来た!! そして、数時間後、はるさんの、咳込みに、嫌な予感。 はるさん、お熱!!! 来た来た来た!!! 運悪く明けた日は日曜日。 休日診療医は、車で20分ほどの胃腸科内科。 電話で事情を説明して、不安と頼りなさを抱えながら受診。 予感的中。 行かなきゃ良かった。 いや、きっと先生はいい人。 でも、小児科医ではない。 検査の時、はるの鼻にぐいぐい綿棒(?)を突っ込み、はる流血。 子どもなんだから、もうちょっとやりようがないですかぁ。。。 はる、トラウマになったの間違いなし。 結果は、てらさん陽性。流血はるさん陰性。 さてさて、その後! 先生、てらの容体にビビる。 まぁ、ダウン症であるのは、一目瞭然。「この子は状態が悪そうだし、大きい病院に行った方がいい。 僕は、薬を出せない。」と言い始める。 オイオイ、私たちゃー、何しにここまで来て、なんだか長ーい時間、車で待ってたんだい? 私が間違ってたよ。 最初から市民病院を受診するべきでした。

そして、市民病院。 なんだか知らないけど、超元気で、熱を下げてきたはるは家に置いて、てらだけ受診。 救急外来の医者、本日は外科医。 小児科医が居る事はまずない。たぶん、患者を寄せ付けない為の手段じゃないかと私は思う。 聴診器もあてず、とりあえずタミフルを処方すると言う。 私は、てらの感染症爆弾さ加減を説明し、聴診器あてまでは漕ぎ着ける。 「胸の音は大丈夫です。」 決して入院を望んではいないが、今現在重症ではないというミニ太鼓判でももらわなきゃー帰れない。タミフルを抱え、空しさと不安と共に帰途につく。 

てらさん、今回は善戦中。容態は極めて落ち着いている。

今の所、家族5人中、インフル感染、2,5にん?!(はる未確定故) なぜ、ダーリンと私は発病せず? ダーリン曰く、私たちは年寄りだから、免疫がある。 例の100年前のスペイン風邪の?!

1月24日(月)

てらにばかり焦点を当てていたら!! 治っていってるはずのこうちゃんが、再び熱発! 昨日、日曜の夜から、なんだか怪しげな咳。 夜中には高熱。 今朝は、唸り声をあげて目を覚まし、「体の中が熱いから、外に出たい。」 「きつい、頭が痛い。」と泣いて訴える。親、パニック。 えー、治ってるんじゃなかったのぉ?? 何、これ? 薬が切れるころだなぁ。また、インフルウィルスが盛り返して来たかー?? やっぱ、薬でインフルを抑えようってのは、体の免疫機能を狂わせるのかぁ?? 私の頭の中は????????

再度近所の病院受診。いつもの小児科にしようか迷ったけど、経過が分かっている病院を受診することにした。 大暴れで血液検査。 特に問題なし。 されど、熱と症状、一向に変化せず。 これから小児科を受診する予定。 これって、ドクターホッピングかぁ。でも、状況が状況なだけに、私はじっとしていられない。小児科の先生に、「なんできたのぉ~?」って冷たくされるの覚悟で行ってきます。 あ~、母ちゃんもう嫌だ。 疲れた。 こうちゃんが、妙な事になりませんように。

| | コメント (4)

何の顔?

 さて、下のてらさんの顔、何の顔? 

              

正解は、にいに達のバトルを見学している顔。まるで自分がバトルしているかのように、大声で叫びながら目を凝らして見学中。 バトルがヒートアップすると、涙をポロポロ流しだす。恐い訳ではないらしい。 それが証拠に絶対にその場を去らないし、バトルが終わると、「あー、おもしろかった」とばかり、ご満悦顔。 どうやらバーチャルリアリティーで、にいにたちのけんかに、勝手に感情移入しているよう。自分は何もしてないのに、そこまで感情的になれるなんて、それ、楽しそうだねぇ、てらさんhappy01

さて、お次の二枚、何の顔?                                                                          

正解は、I Love Youheart04 の顔heart02  ついに、にいに達と同様、プログラミング成功happy01  「I love you.」って言うと、唇をつきだすようになったkissmark ちょっとディープなのと、顔がチンパンジーになってしまうのに、母は動揺してしまうが、なかなかの情熱型kisserkissmark 
にいにたちとも、性別を超えて、愛交換チュウhearthappy01heart04kissmark

てらさん、月初めのお熱はクリアーflair 調子も上上upwardright 余りの寒さに、朝から、手足の先は真紫で、見るに寒々しいけど、てらさん意に介しないようだし、超ハッピーのご機嫌君だから、まっいいかあcoldsweats01 血行を良くする方法をボチボチ探そうかねぇ。eye  生姜か?

入院しない記録更新中だけど、インフルエンザが流行って来てるんだよなーcoldsweats02 がんばるじぇい、てらさんup

| | コメント (4)

こうちゃんごめん

てらさんの誕生日ブログを書いて、後ろめたさが募ってきたので、書かなくちゃ。 こうちゃん、10月26日、お誕生日おめでとうございましたcoldsweats01  いつか、こうちゃんが、このブログを見る時がきて、誕生日に記事がないのが原因でグレると困るから。。。 なんだか、忙しかったのかなぁ。。なんで書かなかったのかなぁ。 まぁ、いつもこうちゃんの事は書いてるから、特記する事もなかった・・・と言う事で、許してねcoldsweats01 

さて、6歳になった君は、なんだか、気持ち悪いくらいお利口さんになって・・・お母さん、裏があるんじゃないかと疑ってしまう。 大人の顔色を見る子は、いけないって言うし。。。。 お洗濯たたみもしてくれるし、お料理も、米とぎも手伝ってくれるし、てらと一緒に遊んでくれるし・・・なんだか怖い。 たまに、叱られるような事をしてくれると、ひそかに安心してしまうお母さんです。

今年は一年生。お母さん、楽しみ。 何が楽しみって、もう一回お勉強を一年生からやり直せる事wink 忘れもしない、お母さんが算数で落ちこぼれたのは、6年生の時。 人生経験を積んだ今のお母さんなら、きっとあの時分からなかった事が分かるはず。 リベンジの時は、近づいているsmile お母さん、勉強やる気満々だからねー! こうちゃんには負けないよdash 

残りの幼稚園生活、あそんで、あそんで、遊びまくろう!今しかできないからね。 一年生になったら、お勉強が始まるけど、お母さんと一緒に楽しめたらいいなぁ。 学ぶ事って、楽しい事だって今改めて思うよ。 一年生、楽しいといいね、こうちゃんhappy01

| | コメント (2)

てらさん 二歳!

            

 てらさん、二歳になりましたぁ~heart01 ‘ゼリーケーキ、by にいにたち&おかあちゃん’を前にご機嫌に見えますが・・・実はお熱くんcoldsweats01  はる兄にもらった風邪で、誕生日二日前に発熱! 今回の風邪は咳がひどく、肺の弱いてらさん、ピンチ!! 去年の年末年始を彷彿させる、ぐったりさ加減と、息遣いの荒さに、あー、またやって来た!と母、半分あきらめ気分で小児科へ。 ところが、ところが、お医者様、「ぜっったい、大丈夫!」って。‘入院?何の事?’って感じ。 私には、去年と全く同じに見える症状だけど、聴診器をあてただけで、そこまで確信できるって。。医者ってやっぱ伊達に医学部出てないねshine 100%とは行かないけど、まぁ、かかりつけ医を信じて、安心して帰宅。

一日、ぐっすり寝たてらさん、夕方起きると、ご飯も食べ、少し元気を取り戻す。おー、お医者さん、あなたの言った通りかも?!happy01  しかーし、そうは、てらさんが卸さない。八度弱の熱が、ダラダラ続くし、咳はどんどんひどくなる。 ほら、ほら、実力を発揮しだしたよ~。誕生日が来ても、今一つすっきりしないthink

一日あけて、再び受診。 先生、あれだけ「大丈夫!」て言いきってたのに、ちと自信喪失気味。 「検査した方がいいのかなぁ。。」  左肺に、少し怪しげな音有り。 てらが、比較的元気なので、とりあえず明日まで様子を見る事にした。 さあ、てらさん正念場。 明日熱が下がらないなら、チックン!行くよーー!

という事で、てらさん、二年連続病気の誕生日だったけど、去年との大きな違いは、そう、今年は病院じゃなくて、家でお祝いできました。ブラボー、てらさんheart04 良いよ、良いよ、君は、どんどん強くなっているよ。 どんどん、どんどん、賢くなっているよ。 可愛さも、倍増、三倍増lovely   その調子で、今年を突っ走ろう! てか、先ず歩くのが先かなcoldsweats01 

てら、本当に本当に、二歳の誕生日おめでとうnote  We love youkissmark

| | コメント (4)

新年

新年
新年明けました。あっさりと。今年は、結婚して初めて、ダーリンの実家ではなく、自宅で新年を迎えました。
こうちゃんに、「無事に過ごしてねー。」って見送られてスキーに行ったダーリン。こうちゃんの願い通り無事に帰宅。昨日は再び、家族全員で、雪すべりに。冬を満喫(^-^)b 昨日は、大晦日。世の中の主婦は、何かと忙しくしてるだろうに、私は特に大掃除するでなし、料理をするでなし。遊ぼ、あそぼー!
私の大晦日のイメージ、それは子どもの時の記憶。毎年、年末年始は、天草の母方の実家で過ごした。とにかく、訪問者の多い家で、次々に誰かが来てた記憶がある。毎年、親戚の兄ちゃんたちが東京から泊まりに来たりして賑やかだった。大晦日は、みんなでワイワイと夕食を食べ、紅白歌合戦を見て、眠さに打ち勝てたら、近くのお寺に除夜の鐘をつきに行った。ばあちゃんちの、五右衛門風呂の薪の燃える臭いと共によみがえる思い出。遠い記憶。今は、毎年ひっそりとした家族だけの年末年始。それもまた良しだけど、なんだか物足りない気もする。。。賑やか好きは、天草のばあちゃん譲りなのかな。
子どもたちが大きくなった時、お嫁さんや孫たちに囲まれて、賑やかに過ごせたらいいなー。相当長生きしなきゃ(^-^
昨夜も、紅白歌合戦を見始めたけど、出場歌手は、一体何者?いつ出てきた人達?!って感じ。 おまけに、はるさん熱発で、早寝早寝。一年締めくくりの壮大なフィナーレなしに、年は変わって行った。
年が明けて、まず、はるの熱。9度超え。休日診療医行き決定。てらじゃなくて、はるが熱を出すという大フェイントで始まったウサギちゃん年。きっと、子どもたちに振り回され、あっちぴょんぴょん、こっちぴょんぴょんするんでしょー。おあとがよろしいようで(^3^)/

| | コメント (2)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »