« 結婚記念日・・・だった | トップページ | お世話係(?) なるちゃん »

てら手話

てら手話

写真は、てらが手話で『茶々』を 要求しているところ。 多くの、ダウン症を持つ子どもや大人にとって、おしゃべりは難題。 しゃべり始めたとしても、発音がクリアーでなく、伝わりにくい事が多い。 そこで、『手話が有効』との情報を入手。 てらの場合も、出力は苦手だけど、入力は、想像以上。 そこで、出力の手段を、発話以外で与えてあげる。 誰だって、心に溜まった事を吐きだせないのは、苦しいから。 さて、物好きなお母ちゃんは、すぐ、手話に飛びついた。 実は、昔から物好きだったお母ちゃんは、若いころ、手話講座を受けた事がある。でも、そんなもなぁ、もうとっくに忘れてしまったぜぃ。 せいぜい覚えているのは、10表現くらいかな。 まさか、自分の人生で手話を必要とするとは思わなかった。 

本なんかを見ながら、一から手話の練習。今回は、目的がはっきりしているので、先ずは、てらに表現してほしい手話を学び、てらに教える。 みず、お茶、牛乳! そう、まずは、水分要求! 手話の、『牛乳』は、いろいろあるみたいだけど、知り合いになった手話通訳の人から教えてもらったのが、超かわいくて、採用flair 両手で、牛の角をつくり、頭の上にちょんと乗せた後、口で右手親指をちゅっちゅと吸う真似をする。 これをてらがやると! この世のものとは思えない程きゃわいいーーーーーsign03  

保育園の先生も協力してくれて、只今手話の特訓中。 本当に驚くほど覚えが速くて、改めて、「てらは、思ったよりずっとずっと表現したい!と思ってるんだなぁ。」と感激。

あと、手話ではないけど、お母ちゃん創作ジェスチャーの、「かぁわいいー。」、「Yum Yum (おいしい)」 とか、「ちょーだい。」 「Let's go!] とか、 どんどん覚えていくてらさん。ブラボーshine

おしゃべりも少しづつ増えていってるので、「くっくーshoe」って言って、Let's go! のジェスチャーをして、「おでかけしたい!」って意思表示をするてらさん。 すごいhappy02  

小学校入学までに、コミュニケーションの5割くらいを手話でできないかなぁと夢見る母。 てことは、私が、しっかり手話を学ばなければいけないということ。 町主催の手話講座に行きたいなーと思っている所。でも、夜なんだよなぁ。 三人の子連れ狼で、行っていいかしらcoldsweats01  (あ、子連れ狼なんて、昭和初期な感じを出しちゃった。。)

そうそう、今日、保育園にお迎えに行ったら、てらのお世話係(?)のなるちゃんが、‘ぎゅうにゅう’って手話でしてた。 なんだかとっても感激したheart02

|

« 結婚記念日・・・だった | トップページ | お世話係(?) なるちゃん »

ダウン症」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 結婚記念日・・・だった | トップページ | お世話係(?) なるちゃん »