« にしこりくん!!! | トップページ | Love & Hate 後編 »

Love & Hate

Love & Hate
数日前、はるが、私に手紙をくれた。 初の、絵無し平仮名のみの手紙。こうちゃんが、平仮名に興味を持った時期と比べると遅かったけど、最近はるは、なぜか文字習得に邁進していて、そこらじゅうの平仮名を読みあさっている。こうちゃんの時と違って、だーれも教えてくれないから、正に独学。たくましいはる。
さて、その手紙。まだまだ字は間違いだらけだけど、こう書かれていた。

『はるくんへ
おかあさんがえがおになったら、はるくんのえがおもみられますよ』

まず、‘おかあさんへ’のはずが‘はるくんへ’になってる、かわいいミスを除いたら、まあ!完璧な文じゃないの!?詩的だとさえ思ってしまうくらい、美しい文章だと思った母。‘みられますよ’なんて、最近の‘ら抜き言葉’じゃないし! さては、保育園の絵本かなんかで出てきたのでは? 母、あくまで疑い、先生に聞いたところ、「いいえ、保育園ではやっていません。」  そうなのかぁ。 では、これは、はるの心から湧いて出た言葉なのか。ちょっと風邪気味で、ダウンしてた母を気遣ったのか、叱ってばかりいないで、笑って!っていうメッセージなのか。。。。いずれにしても、心に沁みた。 「素敵なお手紙ありがとー。」って喜んだ。

が! が! が!

一昨日の夜事件が起きた。 夜中12時半。 もちろん、一家全員就寝中。 はるが、「うーん、うー!」と唸りだした。 はるは、生まれた時からアレルギー持ちなので、鼻が詰まったり肌が痒かったりして、夜中に起きる事が度々ある。 もしくは、おしっこに行きたい時も・・・!ビンゴ!! おしっこだった。 むくっと起き上がった。「あー、がんばって勇気を出して行っておいでー。」と、寝ぼけ眼で言う私。 すると、となりに寝ていたダーリンが、「ばか!やめろ!ここでするなよ!!」 は???! 何? と振り返った時には、ジョーッ!! 布団の上に放尿中。 それも! しかも! きちんとズボンをおろして、おちんちんを握って。 

寝ぼけたのか。いや、違う。 布団の上だと分かってしている。 はるには、いくつもの前科がある。玄関でしたこともある。「そこは、ダメよ!」と言っても全く聞かず、さっさと放尿を始める。 車の上で、きちんとパンツをぬいで、自分のジャケットの上にうんちをしたこともある。 その後、堂々と、お尻が気持ち悪いから、ティッシュでふかせてくれと主張した。

夜中の12時半、目の前で起こってる事を、私とダーリンは茫然と傍観してしまった。次の瞬間、私の中に、ものすごい勢いで怒りが湧いてきた。 「何してんのーー!!!」まず、放尿中のお尻に平手打ち一発。泣き出したはるの左ほほに一発。 それでも、怒りが治まらない。「絶対に許されないよ!!!!」右ほほに一発。 はるが生まれてから、はるを叩いた事は、数知れず。 でも、あんなに、力を込めて叩いたのは初めてだった。完全にコントロールを失っていた。怯えて泣く、はるの両頬は、真っ赤になった。 でも、私の怒りはどうにも治まらない。 大量の尿を吸収してしまった布団と畳。周りの毛布数枚にもたくさんのしぶきが飛んだ。 それを雑巾で拭きながら、泣き続けるはるの足を、雑巾で数回叩いた。さすがにその時点で、これ以上は・・・と思ったダーリンがはるを私から離した。 確かに、あのままはるが、私の近くで泣いていたら、私の暴力は止まらなかったと思う。 ダーリンは、はるを二階に連れて行き、そのまま二人で寝た。私は、真夜中に、熟睡状態から、激しい怒りに推移した自分の心の処理ができず、興奮して何時間も眠れなかった。

なんで、はるは、こうなんだろう? 怒りは治まらない。 ダメだと言われた事を、言われたそばから、私の目の前で平然とやってみせる。毎日毎日、理不尽なだだをこねる。自分の要求が通らないと、大声を出し、罵り暴れる。 こないだだって、地区の会計さんの家に、お金を持って行くのについてくると聞かないはる。 「おりこうさんにしてね。」の言葉は空しく・・・玄関に置いたお札に手を伸ばす。「しないで。!」それを制止しようとする私を振り切り、お札をむんずと掴んで、ぐちゃくちゃにする。 会計のおじさんは、「ちょっと、ごめんね~。」と苦笑い。結局最後まで、私は力づくではるを羽交い絞めにしたまんまだった。私を困らせる事が趣味に思えて仕方がない。本当に、どうにもできない小さなチンピラ。 はるの行動の意味が私には分からない。 何の為にそんな事をするの? 怒られるのは、分かっているのに。 

ダーリンは言う。はるは、「おかあちゃん依存症。」。 確かにそうだと思う。母の愛を異常な程求めている。 どんなに叱られても、必ずおかあちゃんと寝る。 真ん中っ子だから、たくさん我慢をしているのかなとも思う。 でも、生まれてから、寝る時は、必ずお母ちゃんの横をゲットしているはる。今でも、兄弟三人でバトルがあるけど、結局汚い手を使ってでも、はるが、おかあちゃんの横をゲットする。どちらかと言えば、黙って譲るこうちゃんの方が我慢してるんじゃないんだろうか。 本当に分からない。

でも、私がやった事は、虐待。 自分の怒りをコントロールできず、子どもにぶつけてしまった以外の何物でもない。 暴力で、自分より弱い立場の相手をねじ伏せようとしただけ。それは、叩いている時点でも意識していたけど、どうにもとめられない怒りだった。 暴力は、何の問題の解決も招かない。また新たな暴力を生むだけって頭では分かっている。いつも思うけど、テレビで見る虐待のニュースは私からそう遠いところにはない。 例えば、ダーリンの存在とか、私の周りの一つのプラス条件が欠ける、または、ストレスとかのマイナス要因が加われば、、簡単に入ってしまう世界。

一夜明けて、ある程度冷静になっていたけど、それでも怒りの火種は消えていない。 はるは、「おはよう、おかあちゃん。」と平然と何もなかったように話しかけてくる。 彼なりの精一杯の表現なのかもしれないけど、それが、また私の怒りに火をそそぐ。 もう、叩きはしなかったけど、言葉の暴力を浴びせた。 

数日前、「はるが私に手紙をくれました。」と、保育園の先生に書いて知らせた時、お返事が来た。最後に、「お母さんの明るくて、前向きな姿勢を見習いたいです。」と書いてあった。 先生、全然違います。 私は、そんなにいい母じゃありません。 自分の感情に流され、子どもにぶつけてしまう、ダメ母です。いや、感情を子どもにぶつけるのは、自分でよしとしている。だって、親だって人間だもん。でも、暴力はいけない。それも、今回みたいな、コントロールしてない暴力は。

布団におしっこを『もらした』のではなく、『して』しまった理由をはるは、こう説明した。「もう、間に合わなかった。パンツが濡れるのが嫌だったから。」 意外に繊細で神経質な所があるはる。 そうなのだろう。 きっと、それだけが理由だったのだろう。 私は、日ごろの彼の傍若無人な言動から、今回の出来事を100パーセント故意で邪悪なものと捉えて、怒りのコントロールを失った。 でも、はるが、おしっこをしてしまった理由は、本当に、単純に、自分が汚れるのが嫌だったからなんだろう。 確かに、自分本位で、人の迷惑を顧みない勝手な理由だけど・・・5歳の子だもんなぁ。  あんな怒りを招くような事ではなかったのに。

自己嫌悪の始まり。。。

長編大作 続く

|

« にしこりくん!!! | トップページ | Love & Hate 後編 »

子育て」カテゴリの記事

コメント

あれま~その怒りわからんでもないです。
子供の求める愛情量と親がそれに答えれる愛情量がつりあえばいいけど、子供で表現も求める量も違うし難しいですよね。

子育ては日々勉強ですね~。

投稿: あつみ | 2012年2月 1日 (水) 19時20分

あつみさん、本当にその通りなのよねぇ。。。。  こうとはるは、兄弟なのに性格は、真逆に近いsad  取り扱いマニュアルが欲しいdespair  
‘怒り‘を分かってもらえて、嬉しいよweep
 

投稿: むっちゃん | 2012年2月 2日 (木) 10時00分

あははは~ 取り扱いマニュアル(笑)やっぱり子供はペットじゃないからね~。人間を育てるってすごいことなんだよね。もう一人私がいれば・・・って思わんですか??お母さんの分身は必要ですdash

投稿: あつみ | 2012年2月 4日 (土) 17時14分

あつみさん、 確かに、もう一人私がいればねぇhappy01 ドラえもんに頼むしかないねhappy02

投稿: むっちゃん | 2012年2月 7日 (火) 09時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« にしこりくん!!! | トップページ | Love & Hate 後編 »