« こうちゃんも見直す | トップページ | はるとてらの運動会2012 てら編 »

こうちゃんの宿題

こうちゃんの宿題

写真は、こうちゃんの、ある日の国語の宿題。
「お母さん、この問題の答えはどれかなー。」と、こうちゃん。どれどれ?と覗いてみると。『恐竜はかせ』を定義する問題。明らかに、出題者が誘導したい答えは、真ん中の『きょうりゅうについて、くわしくしっている人』。ヒントを装った答えが下の吹き出し部分に書いてあるし。(出題者の、自信の無さとズルさ丸出し。)でも、他の二つの選択肢…これも、『きょうりゅうはかせ』の定義から省けるものか?『きょうりゅうが好きな人』、『きょうりゅうをさがしまわっている人』。 妙な問題だこと。
こうちゃんと話し合った結果、三つ全部に◯をつけることに。
そして、返って来たのが写真の通り。赤ペンで、「一つ!」    先生、怒った?余りの忙しさ故に、問題をじっくり見る暇は、ないだろうけど…問題にムリがありますよ。
私は、中高生の時、現国の問題にしばしば不満を感じてたのを思い出した。よくある、『次の中から、筆者の気持ちを一番よく表してしていると思うものを書け。』っていう問題は、、釈然としない問題の一つ。筆者がもうこの世にいない人だったりした日にゃ、「あんた、筆者に聞いたんかい?」「読む側が、独自の受け取り方をしちゃ、いかんのんかい?」と、自分の答えが間違いと決めつけられるのが、腹立った。出題者の所に出向いて討論したい気持ちになった。ヘソマガリの天の邪鬼。いやいや、反骨精神旺盛だったと言っとこう。世の中、◯か×で答えたり、単純に三つの中から答えを選んだりできない事だらけ。与えられた物を、すんなり受け入れてばかりじゃいけないと思う。自分で考えないと。
二十年以上も前に、アメリカの大学で、『critical
thinking』っていう授業を受けた。『批判的思考』とでも訳すかな。すなわち、「与えられたものを丸飲みせず、先ず疑ってかかれ!自分の頭で考え直せ。」って事。日本では、今でもこんな授業あるんだろうか?
でも、生き抜く知恵として、必要な事だと私は思う。我が子たちにも、是非身に付けさせたい。だから、これからも、我が子たちの答案には、あるかもねー、複数回答(^^) 先生ごめんねー。 小学二年生の宿題に、熱くなってしまった。。。

|

« こうちゃんも見直す | トップページ | はるとてらの運動会2012 てら編 »

子育て」カテゴリの記事

コメント

こうちゃん、素晴らしいよ!!
そうなんだよ、言葉には色んな解釈があるんだよ!!

実は私も高校時代の現国のおばちゃん先生に
「あなたの文章は受験向きじゃない」って「誉められた」んだよね。(←本気で誉めてくれてたの。「若かったらそういう風にしたかったわ」って)
だから、むっちゃんの気持ちに激しく同感!
…でも、きっと仕向けなくてもそうなるよ、我々の子ども達は(;^_^A
あはは~

投稿: edible | 2012年9月28日 (金) 23時07分

edibleさん
『誉められた』んだねhappy01 確かに受験って、特に国語とかは、出題者の誘導したい答えを書く事が大事だからね。 「はいはい、あなたは、こう答えて欲しいんでしょ。」って感じがあるよね。
お宅のえちくんは、独特なノンフィクション作家とかになりそう。。。。smile 我が家の子たちは、そこまでの才能は、発揮できないだろうなぁdown

投稿: むっちゃん | 2012年9月30日 (日) 16時09分

うけた!w
いいと思います♪w

っていうか、たぶんうちのパパスケならば、そんなビックリマーク付の添え書きはしなかったと思うよ。
先生にも問題あり。だって一つに丸をつけなさいなんてどこにも書いてないじゃん!

そして中学校ぐらいになったとき、複数回答がある問題に引っかかるお子様たちが作り上げられるのよ・・・(笑)

反骨精神万歳smile

投稿: mika | 2012年10月 2日 (火) 09時11分

みかりん
うけて頂いて何より(^o^)/先生は、問題を読んでいないんだと思う。まあ、ただでさえ大変なお仕事だからそこまで求めないけどね。我が家で、勝手に反骨精神を養います(笑) 柔らか頭って、人生を豊かにするよね。

投稿: むっちゃん | 2012年10月 3日 (水) 05時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« こうちゃんも見直す | トップページ | はるとてらの運動会2012 てら編 »