« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

縄跳び大会

今月初めに、はるさん&てらさんの保育園で、縄跳び大会がありました。

ごめんね、てら。 今回のスポットライトは、はるにいにに当たってるんだよ。

まずは、年長児による持久跳び。 よーいどんで、始まって、長く跳んだ子が、優勝。 バラバラと引っかかりあちこちで座って行く中、はるさんは、もくもくと跳び続け・・・・最後の二人に残った。 もう一人は、はるの運動ライバル、Y君。 がんばれはる!

と・・・・あら、はるさん、ひっかかって・・・終了coldsweats01  すると、はるさん、ひっそりと、悔し涙を流し出す。 よしよし、悔し涙は、次に勝つための大きな原動力になるよ! 次は、回数跳びがあるから、挽回挽回! 副園長先生も、やってきて、「はるくん、次で1000回跳べばいい!」と声をかけてくれる。

そうさ、はる、君には、1010回の記録があるんだから!!

親子で士気が高まる中、ちびっちゃい子たちの縄跳びが始まった。

我が家のてらさん、先生が、前にポンと縄を置いてくれ、それをピョンと跳ぶという方式で、記録に挑戦・・・・・てか、先生のさじ加減なので、3回で、終了happy01 よしよしてらさん・・・何度も言うけど、今日は、お母ちゃん、あんまり、てらジャンプには、集中できてないんだよ。ごめん。

いよいよ! はるさんの、回数跳び! お母ちゃんドキドキ!!  

一、二、三・・・・・・先生が数えだす。 好調好調confident  100、200、300、400! 担任のM先生が、「がんばれ! 大丈夫!」って、合いの手みたいに、声をかけてくれる。周りの保護者も、「すごい!」って声援をとばしてくれる。はるさんは、ただただ、もくもくと跳ぶ跳ぶ跳ぶ。500回、600回! 行くんじゃない?1000、行くんじゃない? と、思った時、縄が足にひっかかり、ストップ!! 記録、647回。 母、失礼にも、ずっこけてしまった。 だって、1000回超えの記録を出してるもんだから、647回は、なんだか少なく感じてしまってcoldsweats01  でも、周りの大拍手に、気持ちを入れ替えた。 すごいよ!すごい、はる!!! みんなが見てるから、緊張するだろうに、集中して跳べてた! 

次は、後ろ跳びが残ってる。他の子たちは、みんな終了してたし、600以上跳んだ後だったから、先生が、「はる君、後ろはどうする?跳ぶ?」と確認。 うなずくはる。 みんなが注目する中、後ろ跳びを始める。 後ろ跳びは、すぐ終わるだろうと思いきや、意外にも、記録、189回! こりゃたまげた!!

先生が、マイクで、「今日の最高記録は、はるくんで、647回です!そして、園の歴代記録も、はるくんが塗り替えて、1010回を跳んでいます。」と発表。 周りから、声援を浴びるはる。  

まぁ、はるさん、お母ちゃんは、本当に、誇らしい思いをさせてもらったよconfident それも、君のその部分の遺伝子は、お母ちゃんと微塵も関係ない。なのに、おいしい思いをさせて頂いて、ごちそうさまでござりますhappy01  

はるさん、I’m proud of youheart04

| | コメント (0)

おだんご頭?!

                    

先日、散発講座を受けたから、記憶が新しいうちに!と、はるの髪を切った。

記憶が新しいうちに・・・とは、気持ちばかりで、いざ、はるの頭を前にすると、頭の中は、??????sweat01  とりあえず、ブロッキング・・・・そして???? 持ち前の適当、行き当たりばったりを駆使して、なんとか、できあがり。  

すると、鏡を見たはるが、騒ぎ出す。 「こんなの嫌だ!! もう、保育園行かない!!」crying なんだよ~!、お母さん、がんばったんだよ~!! それに、そんな、大惨事にはなってないと思うんだけど。。。 確かに、前髪が、まあるくなって、いわゆるマッシュルームカットみたいになってるけど・・・。 正に、そこが、『クールガイ』を目指すはる(?)としては、許せない所。

あんまりに、泣き叫んで、母をなじるから、母、ブチ切れて、こうちゃんを連れてプチ家出。

帰ったら、落ち着いていたはる。意外に、立ち直りは早い。

保育園には、行ったけど、お友達に、「おだんご頭」 及び、「どんぐり頭」と、コメントを受けたらしい。 

母、罪悪感にさいなまれ、「どつぼにはまるからやめろ。」と言うダーリンを無視して、前髪の手直しをした。どつぼには、はまらなかったが、大した変化も作り出せず・・・・catface  ごめんねはる、そのうち、見なれるよ。  はるが何度も聞く。「お母ちゃん、髪は伸びるよね。。。。」

もうすぐ卒園式&入学式coldsweats01

| | コメント (0)

はるさん、春うふふ?

数日前のこと。
いつもは、自分から保育園の話なんかしないはるが「おかあさん、オレが、一番嫌いな女の子知ってる?」と真顔で話しかけてくる。一番嫌いって、何かあったのかな? 「知らない。誰?」 「◯◯◯ちゃん。」その子は、クラスで一二を争うくらい、活発でしかもかわいこちゃん。
「なんで?なんで嫌いなの?」 「だって変なことばっかり言ってくる。」「変なことって何?」 「言わない!お母さんには教えない!」ん?はるの顔、にやけてるし、照れてる? ん?うーん?何か、ピンク色の匂いが! 聞きたい!なんて言ってくるの!

結局、お菓子を買う約束をさせられ、聞き出すことに成功(?)

「一緒に座ろー、とか言ってくる。」

ニャー!ニャンニャン、はるさん! それ、◯◯◯ちゃん、はるの事好きなんじゃーん!!
「すごーい、はる、もてるー!」って、からかったら、はる、照れながら、泣きそうな顔して怒り出す。
かわゆい、はる。 でも、その気持ち分かるなー。お母さんもあったもん。それまで友達として仲良くしてた子が、異性として好意を見せてくると、なんか、照れ臭くて、調子狂って、その子を避けてしまう。

はるさん、ヒューヒュー。でも、まだまだうぶなはるは、その話をお父ちゃんにしたら、泣き出し、言うな!とお母ちゃんに猛抗議。ごめんごめん、はるさん。お母ちゃんが悪かった。でも、余りにも可愛い話だから誰かに言いたかったんだもん!

はるさん、お願いだから、◯◯◯ちゃんに、優しくしてあげて! 冷たくしたらダメだよ。

こうちゃんには、あり得ない話だな。こうちゃんが年長の時は、女の影があったとすれば、幼稚園の副園長先生と、「太陽系で一番高い山は…」とかって内容で文通してたくらい。
なんか、初めて普通の男の子の母親の心境を味あわせてもらってる気がする。
うぶで奥手なはるさん、可愛くておもしろい(^-^)バレンタインのチョコは、お母さんが食べてやるよ(^o^)/

| | コメント (2)

散髪講座と節分

節分の日に…まず、豆まきはせず、散髪講座を、我が家で開きました(^o^)/ 

先生は、はるのクラスメート、K君のママ(美容師さん)。うちも含めて、六組の家族が集まった。

ポカポカ陽気だったので、デッキに新聞紙を敷いて、こうちゃんのマブダチママが、レースクイーンばりに、パラソルをさしかけてくれてスタート!

P1001222

まず最初は、こうちゃんをモデルにして、先生がデモンストレーション。そして、希望者が、自分ちの子の髪を切った。

先生の切るのを見てると、出来そうな気がしたんだけど、いざやってみると、ん?どうするんだったっけ?! 頭に、何も入っていない。 はるの髪を切ろうとしたんだけど、手際の悪さに、はるがモゾモゾしだし…結局、右の揉み上げ部分を、Eちゃんが、反対を私が切ったところで、はる、逃亡。。。

はるの卒園式までに、散髪しなきゃ。とりあえず私が切ってみて、恐ろしい事になったら、床屋さんに連れていこう。

ブロッキングして、まずガイドラインを作る。サイドから後ろに繋げて、そして最後が前髪! よっしゃ、イメージトレーニングは、バッチリ! 再起不能の髪型になりませんように!!

講座終了後は、楽しく、食べリング&だべリング!
K君ママ他、来てくれた人に感謝。

さて、夕方は、子どもたちと豆まき&恵方巻きかぶりつき。

節分当日は、髪切りで手一杯で、近くのスーパーで恵方巻き購入。母、罪悪感があったので、翌日は、改めて手作り。
恵方巻きの食べ方に、子どもたちの性格を見た。はるは、キチンと南南東を向いて、黙ってモクモクと食べる。一方こうちゃんは、ペラペラしゃべりながら、あちこちキョロキョロして、半分だけ食べる。てらは、にいにがあっち向いてたべてるから、ボクも!と、真似っこで、納豆巻きをほうばる。こうちゃんが、「はるの願い事はかなうけど、こうちゃんのは叶わないね。」と、またイジケル。

叶う、叶う!みーんなの願い事が叶うよ、こうちゃん。

福よこい〜!お願いだから!!

| | コメント (2)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »