« お父ちゃんが! | トップページ | マジで?! 五分の四!! »

はるさん、卒園!

インフル騒動の中、はるの卒園式は、刻一刻と迫って来た。はるさんとお母ちゃんは、このまま発症せずに行けるのか!?と思った、卒園式二日前、二人そろって熱発。 あ~、ダメだったかぁ。 神も仏もないのかぁ~crying

でも、あれあれ? お母ちゃんの熱は、7度以上上がる事は無く、すぐ下がり、確かに感じたはずの、悪寒や関節の痛みも、すぐ消えた。 はるさんも、一晩で熱は下がり、翌日は元気一杯。 一応病院で検査をすると、インフルネガティブ!!! 検査で出ない=インフルではない。は、間違った式だけど、世の中のシステムは、そうなので・・・coldsweats01

かくして、何事も無かったように、卒園式と謝恩会に、母&息子で出席できました。 神と仏は、居たshine でなければ、こんな奇跡はありえない(??)。

私の、英語教室の大人の生徒さんが、「私は、家族がインフルエンザにかかった時、『お母さんはかかりません!』って宣言するんです。で、本当に、移った事はありません。」って言ってたのを思い出し、真似をした。魂込めて、何度も宣言した。「私とはるは、インフルエンザにかかりません! 絶対に卒園式に行きます!!」って。 それが効いた? プラス、免疫力アップの為に、ひたすら生姜を取った。 以前、有機農家の方に習った、生姜の甘酢漬けを作って、毎食毎食、しこたま食べた。 しょうが湯をがぶ飲みした。 近所の自然食品店から買って来た、2000円!もする、焙煎れんこんの粉(マッズイ!!)も、お湯に溶いて、鼻をつまんで、がぶ飲み。 でも、やっぱり、気合いpunchで、乗り切ったって事だよね。

卒園式は、園に隣接するお寺で、厳かに執り行われ、はるとさん、無事に卒園。泣く準備をして行ってたけど、チョイ泣き程度で治まった。 はるに対してはクールな母だからなのか、泣かせる演出が少なかったからなのか。 でも、二年後のてらの時を想像すると、今でも涙がでそうになる。。。。はる、ごめんcatface 

卒園の贈り物の中に、先生たちが一人一人に手作りしてくれた、アルバムがあった。10ページ程のアルバムに、たくさんの写真と、一枚一枚にコメントが添えてあった。これには、グッと来た。 ものすごく忙しい先生たちが、恐らく、勤務時間外に、コツコツと手作りをしてくれたんだろうなぁ。と、暖かい気持ちを感じた。 親子にとって、一生の宝物ができた。

最後のページに担任の先生のコメントがあった。『たまには、おふざけをしてもいいよ。ありのままのはると君が先生は大好きだから。』  泣けた。 はるとは、保育園では、善の仮面をかぶっている。家で、100パーセント悪が爆発する。 家では、毎秒怒鳴られているのに、保育園では、年中さんから通しても、先生から叱られた(と言うより、軽い注意を受けた。)のが、先生によると、二回だけ。 はるは、他人に叱られる事を異常に恐れ嫌う。母としては、心配。 子どもは、叱られながら育つものだと思う。怒られることに、多少は慣れて、免疫をつけとかないと、これから先、厳しい先生たちに出会ったら、委縮して、何もできないんじゃないかと思う。それを、何度か担任の先生に相談したのを、先生はちゃんと受け止めてくれて、最後にはるに、伝えてくれたんだと思う。

他人の子なのに、こんなに一生懸命考えてくれてる人たちがいるんだと思うと、本当に心強く、感謝の気持ちでいっぱいになるheart01 

はるとは、幼稚園を辞め、年中さんから、保育園に転園した。 最初は、「幼稚園が良かった。」と泣くはるに、申し訳ない気持ちがあった。でも、転園は、大正解だったと、今確信する。とてもとても良い先生たち、そしてお友達に恵まれた。 のの様(仏様)にご挨拶をして始まり、終わる毎日の生活で、宗教は差し引いて考えても、大切な、人間としての根幹を育ててもらったように思う。 人間が信念を持って生きて行くためには、絶対的な存在を感じる事が必要なのではないだろうか。と年を重ねるごとに思う。

はるさん、あなたは、毎日、生かされているんだよ。その事に、感謝しようね。あなたが良く生きる事を色んな形で支えてくれているc人たち、みんな、みんなに感謝して、これからも、たくましく生きて行こうね。

はる、卒園、おめでとうfuji

 

|

« お父ちゃんが! | トップページ | マジで?! 五分の四!! »

子育て」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お父ちゃんが! | トップページ | マジで?! 五分の四!! »