« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

てら、スイミングスクールデビュー!!!

てらさん、満を持して、スイミングスクールデビューしましたsign03

保育園つながりのスイミングスクール入会を断られたので、多少意地になったところは否めないが・・・。あれから、数回、てらをプールに連れて行って、水遊びをとても楽しんでいるのを見て、行ける!と確信した母。すぐに、同プールのインストラクターに、入会を打診。 この、インストラクター、実は、こう&はるを以前教えてくれてた方。 ふんわりした性格の方で、母のあれやこれやの心配を受け流すように、「う~ん、だいじょ~ぶじゃないですかねぇ~~。」って感じで、あっさり入会許可がおりた。 

それでも、母、疑心暗鬼。 まず、何を心配するかと言えば、てらが勝手な行動を取り、インストラクターや、受講キッズに迷惑をかけること。レッスン崩壊を招いては、ダウン症児の評価が下がる。 それだけは、全世界のダウン症児の為にも避けなくてはsign02 と、勝手に重いミッションを抱えて、第一回目レッスンにいざ出陣。 手には、てらのスイミングバッグ、そして、お母ちゃんのスイミングバッグ。 もし、てらがチョロチョロして、深いプールにでも飛び込もうとした時は、いつでも飛び込む覚悟。 8人の子どもたちに先生は二人。 とにかく、てらだけを一人の先生が追いかけまわすような事態になると、迷惑千万。レッスンが成り立たなくなるから。

先生を見つけるや否や、まくしたてる母。「先生!私も今日は、着替えてプールサイドに居ましょうか? 腕輪(?)をつけさせましょうか?先生、とにかく、チョロチョロしたりして、迷惑をかけることだけが心配です!!!」    すると、ふんわり先生、「・・・・う~ん、では、お母さん、洋服のままでいいので、最初だけ付き添ってください。 あとは、大丈夫です。腕輪は、ここにもありますので・・・coldsweats01」    ・・・・・どうやら、突っ走り過ぎた母。。。 「はい、では、完全にお任せします!!」 

プールサイドの椅子で、時間になるまで座る事は、難なくこなしたてら。準備体操の為に立ちあがると、プールに入ろうとするてら。 「気を付け!」で、止まる。 よしよし。 お友達と先生を交互に見ながら、準備体操。 短い脚を伸ばして、必死で 屈伸する姿、この世のものとは思えない程かわゆいhappy01heart01heart01 先生方も、「上手じょうずーhappy02」っとニッコリheart04 てらに、かわいいheartって感じの笑顔を向けてもらえるのは、本当に本当に親として嬉しい。ダウン症って壁をぶちぬいて、そう思って表現してくれてる訳だから。 他の子のお母さんたちも、「かわいいheart04」なんて、言ってくれて、有頂天の母。 準備体操後の名前呼びも、しっかりお返事notenote シャワーに行く途中も、隙あらばプールに入ろうとするてらを、連行し、シャワーを浴びさせたところで、母、任務終了。あとは、見学室へ。

てらさん、念願のプールに入れて、張り切ったのか、みんなが水中を歩いているのに、一人で先生に手を握らせて、バタ足前進。 あちゃちゃ。。。 一時間弱の間、かなり、我がままを通し、イヤイヤしてる様子だったけど、プールからあがる事はなく、とっても楽しそうなてら。先生も、やっぱりどうしても一人はてらを中心に見てくれているが・・・他の子の親が、大目にみてくれますように!!

とりあえず、順調な(?)スタートを切ったてらさん。できればこのまま、何年も何年も続けて欲しい。(母の勝手な)夢は、パラリンピックだぁhappy02 パラリンピックって、知的障がい者も出れるんだっけか???  ま、なんか、国際大会にでるぞおぅpunch

| | コメント (2)

超 マニュアル遊び


こうちゃん、はるさん、我が家に生まれたのが運の尽き。 ゲームは、買ってもらえない。そこで、彼らが一生懸命やっているのは、超マニュアル遊び。 それが、クリエイティブで、とても良いとお母ちゃんは思う。 写真は、手作りポケモンカード。 こうちゃんの仲良しのT君のお母さん発案。 ポケモンふりかけのパックの絵をカラーコピーし、自分で技等を調べて書いて、それでバトルをする。T君ママ、あっぱれ!!ちなみに、ふりかけパックも、T君ちから借りる。 ただ買って与えるより、なんて素晴らしいおもちゃだろうと思う。創意工夫、そして何より労力がいる。はるなんて、まだ満足に字が書けないのに、一生懸命、こうちゃんんの真似をして書いている。 ブラボーsign03

昨日の、家庭訪問でも母は、先生に宣言した。うちは、ゲームは買いません。

でも、実は、こう&はるは、ゲームを週に3日くらいしている。これまたT君のお家にお邪魔して、Wii をさせてもらっているらしい。でも、T君のお母さん、これまたしっかりもので、兄弟三人の持ち時間を15分づつ(短かっ!!)と決めている。そこで、こう&はるも、そのどこかの15分で、一緒にやらせてもらっているとか。 ゲームの後は、カードゲームや、外で、鬼ごっこ(逃走?)や、縄跳び、ボール遊び・・・をして遊んでいるらしい。 なんともバランスがとれていて、良い事か。 実の実を言うと、母は、この時代の子だから、コンピューターや、コンピューターゲームに、全く触れさせず育てるってのは、少し偏りすぎるかもしれないとは思っている。T君のうちみたいに、しっかり時間制限をしてさせれば、害はないのかもしれない。しかーし、親子共にルーズなもので、その時間制限があって無き物になる事間違いなし。お互い時間と約束をしっかり守れる自信がついてからの導入を考えようと思う。きっと、ずーーーっと後になるでしょう。高校生?coldsweats01

てな訳で、我が家の子たちが現代的遊びと、古典的(?)遊びのバランスを保っているのは、ひとえに、ひとえに、T君のお母さんのお陰。 元保育士のT君ママ、遊びの引き出しをたくさん持っていて、子どもたちは飽きない様子。 ゆえに、T君ちは、たまり場になっている。そして、T君の両親ともそれを、お友達がたくさん来てくれて、嬉しい、と取ってくれているよう。ありがたや、ありがたや。どう御恩返しをしていいやら。 お友達に、恵まれた、こう&はる、本当に良かったねheart01  Tくんママ、いつも感謝しています。ありがとうhappy01heart

| | コメント (0)

おしりぺったん

こう&はるが、小学校からおしりぺったんシート(ぎょう虫検査キット)をもらってきた。二日間のうちの今日が第一日目。 

はるは、恥ずかしがって、トイレでやると言う。恥ずかしがっているから自分でするのかと思いきや、「お母ちゃんがやって。」とお尻を突き出すはる。かわゆいheart

それを見ていたこうちゃん。確か去年までは、ふとんのところでお母ちゃんにやってもらってたはずなのに・・・・恥ずかしいものなんだ。と悟ったのか、トイレですると言いだした。それも、自分で。 おー、弟を見て成長したか。 きちんとぺったんできたかは、定かではないが、ちゃんと自分でやった。 フィルム(?)を貼り直すのができてなかったけど・・・来年は、それもできるようになってるかな。

明日は、二日目。忘れないように。忘れないように。なんだか、こんな事で、ちょっと緊張して安眠できなさそうな気の小さい母です。

| | コメント (2)

今度は、カービーだー!!


 

またまた遠足!こうちゃん&はるの新入生歓迎遠足riceball なんか、ここんとこしょっちゅうだbearing 遠足と言えば、キャラ弁でしょうcrying

でも、今回は、かなり手抜き&作戦あり。作戦は、子どもたちにキャラ弁相談をしない。こっそり調べて、自分でできそうなのを選び、サプライズで作る。 んで、今回は、ハムで作るカービー。ご飯の上に海苔をしいてハムを乗せるだけの、不器用母の味方キャラ弁。こうちゃんとはるは、毎日カービーのお絵かきを楽しんでるので、きっと喜んでくれる!

おかずは、こうちゃんリクエストのミニドッグとスクランブルエッグ、そしてはるさんリクエストのハンバーグとスパゲティ。デザートは、牛乳寒天。野菜が少ないけど、気にしな~い。

こうちゃん大喜び。 はる、お弁当箱が気に入らないからと、カービーにも難癖つける・・・が、後で反省したか、改めて喜ぶ。 よしよし。

今日は、あいにくの雨・・・だけど、遠足って雰囲気だけで、きっと楽しいnote  おいしく、楽しく食べてくれるといいなぁ。

来週末は、てらの遠足。朝が早いからキャラ弁は許して。てか、てらさん、顔付き弁当は食べないので・・・ってことで、普通弁当でレッツゴーrun キャラ弁の呪縛から解き放たれたい・・・sweat02でも、子どもたちの喜ぶ顔は、麻薬だ・・・・coldsweats01 さて、次の手抜きキャラ弁に、乞うご期待。

| | コメント (0)

てらさん、絶好調の年中さん

てらさん、めでたく?年中さんに進級しました。

ベテランの先生(と言ってもまだ30代だけど)二人体制の年中クラス。色んな事情があるのか、てらの加配の先生と言う形にはしてないけれども、基本的に、てらに一人の先生がついてくれているよう。 ありがたや、ありがたや。

年中さんってことは、あと2年で小学生。 このままじゃマズイ!って事で、夫婦&こうちゃんで話し合いをして、てらの就学までの達成目標を立て、それを、短期と長期目標に分けた。お父ちゃんより、こうちゃんの方が一生懸命考えてくれたgawk  まったく、お父ちゃんは。。。angry

その目標を引っ提げて、先ず、以前お世話になっていた、ダウン症療育の先生に相談に行く。丁寧に、一つ一つの目標に関してアドバイスを頂いた。

翌日、そのアドバイスごと引っ提げて、夫婦で、保育園の先生と面談。こちらの要望を伝え、先生の考えを聞き、目標達成の為の、具体的方法と対策を話し合い、先生と保護者が、同じ方向を向いてスタートしている事を確認できた。 本当に本当に、てらは、人に恵まれる星の下に生まれて来たのか。。。。先生、素晴らしいheart04crying  これから一年、なんでも話し合って、一緒に考えて、てらを一緒に伸ばして行けそう。感謝happy01

まず、第一の目標は、オムツはずし! 「もう、4歳なんだから!」って、てらに訴えてみても、らちは明かないので、実行あるのみ。去年からやってはいたけど、できただけぇ・・って感じだった。今年は、気合いが違うわよ! まず、家に帰ったら、「パンツしつれいしまぁすheart01」と、下半身を大解放。 リビングのテレビの真ん前に、おまるを置いて、いつでもどうぞ。今の所、成功率65%くらいかな。 保育園でも、先生方が、真剣に取り組んでくださっているから、母も、俄然やる気。 秋までに、絶対とるよ、てら!!

第二の目標は、衣類の着脱の自立。 今、靴も含めて下半身は、OK。 問題は、上半身。ボタンを留めるのはまだまだ。 まずは、被りものから。これも練習あるのみ。

第三は、食事。 もう、全く介助なしで、食事ができるてらさん。あとは、きれいに食べる事と、お箸が使えるようになる事。

第四目標が、一つの難題。 静かに座る。話を聞く。うろうろしない。 ところが、静かに座る事は、意外にできているらしい。 先日保護者総会に行った時も、てらは、じいっと、後ろで絵本を読んでいた。周りでチョロチョロバタバタするお友達もいた中で。 さすが、はるさんの弟。家と園を使い分けてるねぇ。 小学生になったら、40分以上、椅子に座っていなければいけない。あと、二年で、なんとかなるよね、てらさん。

第五の目標は、1.3㎞以上歩けるようになる事。我が家から小学校までの距離。動く事は大好きなてらだけど、寄り道、ジグザグ、気分のむら、座り込み・・・・向かう所敵多し。 

そして、最大の目標は、危険察知。 これは、知的能力が上がってこないと難しいのだろうけど、現在の状況は、極めてマズイ。 車には飛び込んでいく。親を離れて、ほっとけば、どこまでもどこまでも、ちょろちょろと放浪する。恐怖心ゼロ状態。 ある意味幸せで羨ましい。が、生存能力に乏しい。これを改善しないと、歩いて登校できないし、小学校逃亡事件が起きるかも。

とりあえず、てらの達成目標を書きだし、療育のプロ、保育のプロと作戦をねることができた。あとは、実行あるのみ。

保育園の先生に、最後にもう一つ伝えた。「お友達が、てらの事を不思議に思って聞いた時、どうぞ、ダウン症の事を教えてあげてください。 小さい子には、説明がしにくいだろうから、背が小さいとか、大きいとか、生まれて来た時から決まってる事なんだと伝えてください。」   分かりました、と先生。「でもですね、そんな風に聞いてくる子、あんまりいないんですよね。園のお友達にとって、てらくんは、てらくんなんですよね。それが、あたりまえなんですよね。」

先生、それが私が目指しているものです! てらが居て当たり前の環境。てらが、そのまんま受け入れられる社会。 保育園では、100%インクルーシブで、過ごさせてもらっているからこそ実現した環境。でも、小学校では、そうはいかない。隔離? 養護?される訳です。そこから、親の葛藤、戦いが始まるんだろうなぁ。とりあえず、今は、保育園で、親子ともぬくぬくと過ごさせてもらおう。

さて、当人、てらさん。保育園から、はる兄が居なくなった事にも気付かず?coldsweats01 毎日ハッピー園ライフを送っている模様。  一昨日の連絡帳にあった。「てらくんには、歯磨きが終わったら、保育士の横で、コップを持って、歯ブラシを集めるのと、歯磨きチェックをする係をしてもらっています。お友達が、お口を開けてないと、自分の口を『あ~ん』ってして、開けなさーい。って教えてくれるんです。かわいいですhappy01」  これで、いいと思う。てらには、てらの役割があって、居場所があって、そして、できれば、ずっと、ずっと、てらくん、可愛いheart01って思ってもらえれば、素敵な人生じゃん!!

てらさん、年中さん、絶好調発進ですyachtsun

| | コメント (0)

はるさん、やらかす

だよね。 すんなり行くはずがないよね。はるさん。 入学から4日目。 学校に行かない大騒動を引き起こしました。

原因は、お母ちゃん・・と、はるは言う。 確かに、安心して少し気を抜いたお母ちゃんは、その日、朝寝坊。 でも、ごはんは、きちんと間に合ったのに、「ごはん、食べない!」から、悪夢は始まった。 どうやら、バタバタと急かされ、自分のペースを崩されたのが嫌だったらしい。雪崩のように、気分が低下し、チンピラが顔を出した。そうなると、はるさん、手がつけられない。今度は、「ごはんを食べてないから学校に行かない! お母さんが僕の気分を悪くした!・・・あれが悪い・・・これが悪い・・・。」

登校班には置いて行かれ、こうちゃんとお母ちゃんで、なだめすかし、両方から抱えるようにして、学校まで半分の所に連行したが、そこで、はるさん完全にへそを曲げ、トラックに乗せられるのを嫌がる牛なみに、足を突っ張って、前に進まなくなった。手を離すと、家に向かって帰ろうとする。「もう、学校辞める?」 「先生に言うよー!」「もう、お願いよ!!」・・・あらゆる言葉をぶつけてみたが、ダメ。 ついには、禁断の「分かった!じゃぁ、行ったら、サイダーフロート作ってあげるから!!」物で釣る作戦にでたが、撃沈。 これは、こうちゃんとお母ちゃんではどうにもならない。ダーリンを呼ばなきゃ。そこで、横断歩道に立っていた、中学校の先生に、「すみませーん、電話を貸してくださーい。」と、厚かましく携帯を借り、ダーリン出動要請。 

横断歩道を渡った所で、ダーリン号を待つが、これが、遅い!! オシャレでもしてんのか?!!  腹が立って、涙が出てきた。「お母さん泣きたくなった。」 と言うと、少しひるむはる。小学生の姿は、辺りから消えた。 入学から、たった四日目にして遅刻かよ。。それも、兄ちゃん巻き添えにして。。。お母ちゃん、すっぴんに、髪ボサボサなのに、こんなに注目あびて・・・。 泣きべそかく母に少しトーンダウンしたはるの手を引っ張って、また歩き出す。 と、やっと、ダーリン号到着。 車に乗るのを嫌がるはるを、「乗らないと大変な事になるんだよ!!」と言いながら車に押し込める。 拉致事件として、通報されてもおかしくない状況。 

学校に着くころには、お利口さんに変身し始め、先生の顔を見た途端、ニコニコになるはる。優しく対応してくれた先生。はるさん、何事も無かったように、軽い足取りで教室に入る。「この親、相当甘やかしてるな。」って思われるじゃん! さっきの悪態のかけらでもいいから、見せなさいよ、先生にも!!!

快く電話を貸してくれた中学校の先生には、昨日、感謝の手紙を添えた小さなお菓子を届けた。それにしても、私って、かなり厚かましい。人に、物を頼む事を躊躇しない。ご近所さんに、朝から「卵ちょうだい!」とか、「牛乳200mlちょうだい」とか平気で頼む。 ダーリンは、人に物を頼むのが大嫌いな人間だから、私の頼み癖?は、異常で、迷惑だと言う。 そうなのかなぁ。。。。確かに、他の人は、「牛乳ちょうだい。」って来た事ないなぁ。。。

なにはともあれ、皆さまのお陰で、はるさんは、無事に小学校に行き、ご機嫌で帰ってきました。あれから今日まで二日間は、スンナリ行ってる。これからも、一悶着・・・いや、百悶着くらい、覚悟しとくかーshock

| | コメント (0)

はるさん、義務教育デビュー!!

めでたく、はるさん、小学校に入学しましたschool 

入学式の日は、ある程度予想していたけど、大荒れのはるさん。あれは、嫌だ、これは嫌だ、お母ちゃんが~したせいで、気分が悪くなった。もう、学校には行かない。。。。。。 学校に着いてからは、緊張で顔をひきつらせ、固まるはるさん。 でも、式でのお返事は、大きな声ではっきりでき。 よしよし。  

2年前のこうちゃんの時を思い出す。 入学式後に、これまた大荒れし、「こんなマズイご飯は、食べられない、せっかくの日が台無しだ!」と暴言を吐き、お外で反省となったあの日。

兄弟だからなのか、みんなそうなのか。緊張を理解してあげようと思うけど・・・あまりの難癖に、イライラして、ブチ切れてしまう母。 未熟です。

さて、昨日、ランドセルを背負っての初登校。 前の晩からきちんと準備をしていたはるさん。登校班の仲間と、もくもくと歩いて登下校し、難なく一日目をクリアーした。 担任の先生がとても優しいのに、気をよくしたらしい。お昼休みも、てらの保育園メートのお兄ちゃんと遊んでもらったらしく、超ご機嫌。 新しいお友達の名前も出てたし、学校大好きになるのも、間もなくかな。 てか、既にとても楽しんでいる様子。 こうちゃんとは、大違い。

そう、はるは、こうちゃんとは、大違い。 昨日も、下校途中まで迎えに行くと、「お母さん、ぼくは、帰ったらすぐ、あれをしなきゃ。 おんどく・・・じゃなくて、しゅくだいじゃなくて・・・・じかんわり!!!」   そして、本当に、帰ったらすぐ、時間割をそろえ始めるはる。 す、す、すごい!! こんな子もいるんだね。 こうちゃんをずっと見てきたから、お母ちゃん、感心してしまった。 おまけに、宿題は、でてないのに、「きょうならったところをよむ!」と言って、音読までするはる。 最初だけかもしれない。 でも、こうちゃんは、最初でもそんな事はしませんでした。

登校2日めの今日は、にっこにこ笑顔で「行ってきます!」。 はるさん、あなたは素晴らしい! 学校を目一杯楽しもう。 あなたみたいな子は、絶対先生に可愛がられるよ。

さて、形無しのこうちゃんだが・・・彼も、それなりに、新しいクラスを楽しんでいる様子。いいよ、君は、君のペースで、やり方で、行きなさい。 今から理科を楽しみにしているこうちゃん。これからが、あなたの好きなお勉強がたくさんできそうだね。 お母さんも一緒にやるぞ!!

お勉強と言えば、はるさんは・・・・。 昨日、「5-4は?」って問題だしたら、「うーん、0?」gawkまぁ、すぐに「あ、1!」って言いなおしたけど。。。がんばろう、はるさん。 年中さんの時から、がんがん計算してたこうちゃんと、これまた兄弟なのに、こんなにも違うものか。。。  でも、はるは、なんたって、保育園の先生が太鼓判を押す『努力の人』。 努力に勝る天才なし。 特に、低学年の間は、努力が大きく物を言うよ。

はるさん、まず、①小学校を楽しもう!! ② お勉強、がんばろう!

小学校入学おめでとう、はるさんhappy01cherryblossom

 

| | コメント (5)

もはや、はるうららにあらず?

もはや、はるうららにあらず?もはや、はるうららにあらず?

私は、子どもの頃から春が大好きだった。縁側に寝転んで感じるお日様の暖かさも、何か始まる雰囲気も、そしてなんと言っても、そこらじゅうに咲き広がる薄ピンクのソメイヨシノが、大好きだった。

数年前までは、好きな季節は、春!って迷わず答えてたけど…なんか変わってきた。最近の春は、良いこと無し。まず、我が家を襲う疫病。ダーリンとはるを襲う、アレルギー、PM2.5、黄砂。。。。ポカポカ陽気に、外出を戸惑う。洗濯物も干せない。もはや、なんで春が楽しかろう?

今年も、インフル騒動で、花見盛りを見逃し、散り始めた桜を追いかけるように、こうちゃん&はると、ミニピクニックにでかけた。家族そろっての、お弁当持っての花見は無し。悲しい。

最後のサクラを見がてら、近くの公園にテニス遊びをしに行ったのが、せめてもの慰めになったかな? でも、はるは、インフル発症でお留守番。はぁ。

私のこの、春と桜に対する執着がどこから来たのか定かではないけど、その執着から離れようとしていることが、なんだか、心のワクワクを一つ取り上げられてる気がして。

春なのーにー。だね。

来春は、誰も病気しません!家族で、お弁当抱えて花見に行くぞー(^-^)/

| | コメント (0)

てらの成長

てらさん、な、な、なんと、四月から、年中さん。 まずいだろう、あの年長さんは。。。。オムツも取れてないし、日本語も、リスニングは中級、スーピーキングは、超ビギナーだし。 いつ何時も、心の赴くまま、自由を謳歌しているし。先生、どうにかなりそうですかぁ??お任せします。

さて、そんなてらさんも、ふとしたところで、成長を感じる。

先日、お母ちゃんが、コロコロで、和室を掃除していた時の事。 汚れたコロコロシートをビリビリっと剥いでいるお母ちゃんを見て、てらは、さっと立ちあがり、テレビの横のゴミ箱を抱え、これにゴミは入れなさい!とばかりに持って来た。 心得てるねぇ、てらさん! すばらしい。痒いところに手が届く気遣い(?)、素晴らしい!! にいに達には、絶対にない部分だよ。

実際、てらは、お手伝いが大好き。 毎日、洗濯ものを・・・たたむ真似をしながら、散乱させる。 茶碗をかたずけようとして・・・・割る。 お風呂洗い場の掃除用のブラシを・・・・お風呂に投げ込む。 でも、全て、ちゃんとできるようになれば・・・・・ふふふ、お母ちゃんは、楽ができるかもしれない!! てらこそ、私のホープなのかもしれない?! 

とは言え、てらさんが、今まで壊したもののトータル損害額は、結構なものになっている。先日も、トイレにおもちゃを流して、詰まらせ、¥15、000!!!!! てらの貯金から、支払わせて頂きました。 その次の日か? キッチンカウンターに座って、お手伝いをすると思いきや、デジカメを、水につけたカレー鍋に投げ込み・・・電源が入ったり入らなかったりのカメラに。。。。。

あと、二年で一年生。 そこで、ちょい慌てた母は、卒園までに達成したい、てらの目標を箇条書きにした。 今週中に、保育園の先生方と作戦会議開催予定。 家庭と保育園との連携で、なんとか、てらを、小学校にスムーズに進学させたい。 普通学級で多くの時間を過ごさせたい。 てらが、‘普通’である事にこだわっている訳ではない、てらが、‘普通でないこと’に、‘普通’の人たちに慣れてもらうため。 てらが居て当たり前の環境を作るため。

そのためには、少なくとも、お勉強に臨む姿勢(はったりでも)が身についてなくては。。。かなりハードルは高い。。。。

| | コメント (0)

マジで?! 五分の四!!

はるの、卒園式も無事終わり、ほっとした時、はるさん、喉が痛いと言い出し、少しお熱。もしかしたら、溶連菌? なんて思って、病院に行ったら、「インフルエンザですねぇ。」!!!

マジで、今来たの? 卒園式を上手に避けて今。 すごいっちゃすごいけど。。。。勘弁してくれー!! もう、いいよ、インフルエンザは。 お母ちゃんと、はるは、生き延びたと思っていたのに。。。 ってことは、お母ちゃんも、まだ感染の危機にさらされてなきゃいけないってことだよね。2週間も、現ナマウィルスにさらされたら、もう自信がないよ。 生姜にも限界があると思うし。 卒園式も終わったから、気合いも今一つ入らない。 てか、君たち全員、去年つけたはずの、免疫は、どうしたの??  お願いだから、お母ちゃんに移さないで!!! いやっ!!!

病院での検査の時、溶連菌&インフルのダブル検査で、喉&鼻に綿棒を突っ込まれたはるは、怒りの頂点に達したようで、綿棒が鼻から抜け、羽交い絞めから解かれた途端、母に、力いっぱいパンチして、「このバカクソ野郎!!」と叫びやがった。 まぁ、すなわち、いつものチンピラが、がっつり顔を出した。 先生や、看護師さんの前だったけど、これを許しちゃなるまい、と「何で、お母さんを叩くの!!!? お母さんは、何も悪い事してないじゃない!!」と、母、吠える。 親子喧嘩勃発に慌てた先生が、「お母さんじゃない、先生が悪いんだから!!」と、援護射撃。 一時騒然とした(?)診察室を出て、隔離部屋で母、はるを完全無視。あんな、言動は絶対に、許すべきではない。はるは、しゅんとしてたが、母の、無視は、数時間続きました。

本当に、はるのチンピラ具合は、どこから来たのかと戸惑う。 同じ家で育ったこうちゃんは、一切、そんな暴言は吐かない。 ダーリンも、話口調は丁寧。 暴力的なのは、お母ちゃんからの遺伝だとしても、その言葉使いは、いったいどこで習得してきたの? 保育園???テレビか???? マジで、また心理の先生んとこに相談に行こうかなぁ。。。。

はるさん、元気なインフルエンザ患者だったけど、なんだか、咳がしつこく残ってる。もともとぜんそく気味で、小さい時は、ゼロゼロヒューヒューいってたから、なんだか心配になる母。肺の辺りが痛いなんて言うし。 まさかの、はる入院なんてないよね。。。。

はるさん、勘弁してよ~!!

もし、私が、2週間後までに、インフルを発症していなければ、生姜祭りを執り行います。

| | コメント (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »