« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

持久走 おまけ

持久走大会が終わって、しばらくして賞状をもらってきたはる。 二位の賞状の他にもう一枚。 何々?? 『宣言タイムレース』・・・一位!? どうやら、大会事前に、全員自分のゴールタイムを予想したらしい。 はるさん、予想タイム、3分52秒で、大会記録との誤差、0秒!!!レースの順位は一位じゃなかったけど、それは、それで、おもしろスゴイhappy02  あの時、強敵I君に抜かれ、失速した結果のピッタリ賞!? これを、塞翁が馬って・・・・言わないかcoldsweats01

ちなみに、こうちゃんも、宣言タイムレース4位の賞状を持って帰って来た。

結果、持久走大会の賞状が、三枚飾ってある我が家。。。。喜ぶべきか。。。coldsweats01 何か幸運が近づいて来ている予感でも感じる事にしよっとnote

| | コメント (0)

持久走速報

持久走速報
はるさん! 二位m(__)m 
いやいや、すばらしい結果だし、全力でがんばってた。それが、私がはるに望んでいる事…のはずだったが。うーん。なんだか吹っ切れないこの未消化感と未達成感。やっぱ、一位が見えていた二位は、残念。

でも、今日のレースは、完敗だった。最後の直線までは、一位で来ていたはるだけど、余力を残していたライバルIくんに、がっつり差され、すんなり一位の座を譲った。完敗。 追い越された瞬間に泣き出し、スピードダウンしてのゴール。
くやしいね、はる。泣くほどの悔しさを覚えておこう! また来年、勝負だ!

あ、こうちゃん、自己目標を下回り、10位。まあ、がんばった。世の中厳しいよ。 努力あるのみだね。

以上、偉そうなことばっかり言う、自分は持久走大嫌いのドンベ組だった、口ばっかり母の速報リポートでした(^-^ゞ

| | コメント (4)

心に引っ掛かっていること

先月のダウン症サークルで、一人のダウンママが話した事。心に引っ掛かってしょうがない。

彼女の長男T君は、六歳、ダウン症。T君を耳鼻科に連れて行った時の話。彼女は弟君を抱っこし、受付へ。その隙を見て、T君院外へ脱走。慌てて後を追いかけて探す。 すると、駐車場でバックしかかっている車の後ろにT君!ドライバーが気付いて、間一髪でT君保護。

すると、おばさんドライバーが降りてきて、スゴい剣幕で怒鳴ったらしい「こんなお子さんは、しっかり見とかないとダメでしょー!」

「こんなお子さん」??
大意は無いかもしれない。こんな小さなお子さんという意味かもしれない。でも、それにしても、そんな言い方する? いや、興奮するのは分かるよ。だって子どもを轢きかけたんだから。「ちゃんと見とかなきゃいけない」?? そんなの百も承知! あなたには、「こんなお子さん」は、いないのかもしれないけど、ちゃんと見るにも限界がある場合があるんだよ。あなたの見ている、「みんなちゃんとしてる、ふつうの人たちの世界」では、理解できない世界があるんだよ!
私の理想のおばちゃんは、こう言う。「あー、びっくりした。危なかったねー。気付いて良かった。僕大丈夫かな。車は危ないからね、気を付けて。」そして、T君ママがそうしたように、ひたすら謝る母親には、こう言う「何事もなくて、良かったわ。これから、お互い気を付けましょうね。」

色んな事情を分かってくれない人はたくさんいる。今てらと私たちは、周りに恵まれ、温かく見守られながら暮らしている。でも、徐々に世間の現実にさらされて行くんだろう。「ふつう」じゃない子どもを持った事をしみじみ思い知らされる現実に。

でも、私は貫きたい!「ふつう」がなんぼのもんじゃい! ダウン症上等! 個性万才!!

| | コメント (0)

歯抜けはるさん走る!

はるさん、上の前歯が二本とも抜け・・・・良く見かける、おもしろい顔を披露中。 まぁ、いつも、ある程度おもしろい顔だけどsmile  はるが、おじいさんになって、歯が抜けたら、こんな顔になるんだろうか・・・なんて、想像する母。

さて、最近のはるさん。 やっぱ運動だね。学校の体育で、一月前くらいから持久走をやっている様子。持久走と言えば、はる! 保育園のマラソン大会では、二年連続一位ですからぁ・・・! 期待する母。 しかし、最初の頃の練習では、「何位だった?」と聞くと、「5位」とか、「4位」とか言う。 まぁ、冷静に考えれば、それでもすごいんだけど、あの、保育園の時の、ダントツでゴールするはるの残像が、母にはぬぐい去れず・・・。 やっぱり、井の中の蛙だったか…大海(いやいや、田舎の一小学校だから、池くらいか。)に出ると、上がいるんだぁ。。。。と、現実を知らされる。

「真剣に走ってる?」と聞くと、「うーん、いいや。○○君が一緒に走ろうって言ったから。」   ばか!!! 一人で、真剣に勝負せんかぁい!!! 

それから、今日まで、体育がある度に「今日は、何位だった?」と聞くのが母の楽しみになった。 すると、毎回、順位をあげ、もう、ここんとこ連続一位のよう!!! おっしゃ! まだ、池では、負けないぞ! でも、二位の子との差は、数十センチ?!らしく・・・・。 まったく、安心はできない。  

先週、はるが、「今日は走りたくない。」と言いだす。話を聞くと、どうも、本人、一位のプレッシャーに押しつぶされそうになっているようで・・・・あちゃぁ~、私のせいだ。 

そこで、話した。「はるさん。はるが、一生懸命走れば、お母さんは、何位でもいいよ。自分との勝負だよ。自分の弱さに勝てばそれでいいんだよ。」 自分の弱さに屈服し続けるお前が、どの口で言う!?と思いながらも、そう言った。 先生にも、連絡帳で、事情を説明し、その日は、結局走らなかったはる。 先生も、「がんばれば、順位は問題ではない。」と話をしてくれたみたいで・・・・その次の時は、先生いわく、「ふっきれた様子で、いい顔をして、見事一位でゴールでした!」   

先週あるはずだった持久走大会、雨でお流れ。 そして明日に延期予定だが、多分雨でお流れ。そうなると・・・決戦は金曜日!!!! はる! お母さん、はるが、何位でも、しっかり応援するよ! だから、自分との勝負に勝つんだ!!! あ~、ドキドキ!!

あ、ちなみに、こうちゃんは、昨日の練習では、7位だったらしい。十番以内は、今の所確実に取ってるよう。 「ウォー良かったじゃん!!」と、こうちゃんを誉める母だが・・・・ごめん、こうちゃん! 実の所、母の関心は、もっぱら、はるだぁ~~~~~!!! 一等賞の可能性があると、七等賞が霞んでしまう~~~! ひどい母ですかぁ?coldsweats01

| | コメント (2)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »