« またまた五分の四(;_;) | トップページ | 五分の…? »

てら五歳

てらさん、五歳になりました! みんな驚くまさかの五歳。オムツも取れてなきゃー、言葉もしゃべらない。歩きもヨチヨチの赤ちゃんに近いチビすけ。でも、五年間、ガッツリ生きて来ましたー(^o^ゞ

私は最近こんな妄想をする。てらが大きくなって、昔を懐かしみながら私はこう言ってる。「五歳から六歳頃が一番大変だったなー。今、こんなに落ち着いて立派になるなんて想像もできなかった。」
その心は…てら、いつか落ち着くよね!ずっとこのままじゃないよね!この二年くらいだよね、そんなに激しいのは!お母ちゃんギブアップ寸前ですぅー(*_*)

生まれてから数年間、小さくて、おとなしくて、かわくて、「育てやすい子を神様が授けてくださった」なんて、神々しくなってた母だったが、小さな恐竜の赤ちゃんは…大暴君てらのサウルスに変貌を遂げた。あー、神様、また試練ですかー(>_<)

どこにでかけても、チョロチョロ、スタスタ。大通りだろうが、藪だろうが、暗闇だろうが、崖だろうが、とにかく突進する。追いかけると、振り返り、悪魔の笑い声をあげ、更に突き進む。親の姿が見えなくなると、心配になって、立ち止まって…なんてこと、てらのサウルスはやらない。ひたすら自分の世界を突き進む。買い物?外食?できるはずがない。
ひたすら追いかけるのに疲れた時、ふと頭に浮かぶ。「一回車に轢かれたら分かるだろうか。もう二度と、どこにも連れて行かない(-.-)」

あと一年少しで一年生。。。 歩いて学校までは、今の所夢のまた夢。さもあらん、てらの知能は現在二歳にも満たない。二歳の子を一キロ半離れた場所に親無しでは行かせられまい。今の状態だと、親ありでもムリ。
知的障害児を育てる大変さをひしひしと感じる年寄り母ちゃんである。

さて、お誕生日ブログだし、愚痴、悪口はこれくらいにして。

保育園のお誕生会は、お父ちゃんお母ちゃん、そろって出席。
お楽しみの自己紹介。家で、手話を交えて練習をした。  「ぼくの名前は、てらです。五歳です。大きくなったら『しぇんしぇい』になりたいと思います。よろしくお願いします。」

去年は、大音量で、マイクに向かって、てら語でしゃべり、周りの園児の大爆笑を誘った。さて、今回は?
滑り出し、やはり、何を言ってるかは、全く不明瞭。「おおきく▽○○×△、しぇんしぇいに○×△◇□。」よしよし、分かる分かる。母、我を忘れて「メッチャ上手!」と合いの手を入れてしまう。そして、「よろしくお願いします。」と、あっさり閉めたてら。大爆笑なし。 昨年と、言葉の不明瞭さは余り変わりなかったような気もしたけど、今年は、言葉の塊がきちんとできていて、ちびっこたち、どうやら騙された感じ(^^) あっぱれ、てら!
最後に、みんなの「てらくん、お誕生日おめでとうございます。」の言葉に、かなりはっきり「ありがとうございます。」と、涼しい顔で当然のように返したてら。母、感嘆&涙涙。

最近は、以前みたいに、てらのやる事なんでもかんでもには感動しなくなったけど、お誕生会だけは、あきまへん。 てら、ブラボー(ToT) 先生ブラボー(ToT)お友だちブラボー(ToT)

給食も一緒に食べたけど…まあ、周りの子達が、さりげなくサポートしてくれ、よく遊んでくれ、優しく見守ってくれ…。先生に甘えるてらは、私に見せるのと同じ笑顔だった。
てらにとって、保育園は、とても心地好い場所なんだなぁと思った。

家では好き放題のてらだけど、保育園では、きちんとルールに従って動いている。ちょっと見直したよ、てらさん。

大きくなったら…最初のうちは、大の仲良しの『あーちゃん』になりたいと言ってたてら。でも、途中で『お父さん』に変わり、最終的に『しぇんしぇい』に落ち着いた。

将来、先生になってるてらが見たい!お父さんも!?そして、私はこう言ってる。「五、六歳頃が一番大変だったなぁ。あの頃は、まさか、てらが先生になるなんて想像もしてなかった。」

てらさん、五歳のお誕生日おめでとう(^o^)/ 一年生までにやる事一杯だぞー!がんばるぞー(^-^)/ まずは、お手柔らかにお願いしますm(__)m

|

« またまた五分の四(;_;) | トップページ | 五分の…? »

ダウン症」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« またまた五分の四(;_;) | トップページ | 五分の…? »